あれこれブログ

2020.02.28.

疑問

皆さん、こんにちは^^

本日は少し長くなりそうです。少し怒っています。
新型コロナウイルスの拡大を受けて安倍首相は27日に、私立を含めた全国全ての小中学校、高校、特別支援学校に、3月2日から春休みに入るまで臨時休校とするよう要請しました。皆さんは、この件をどう思われるでしょうか?

少し整理してみましょう。
2月20日。新型コロナウイルスの感染拡大にともない厚生労働省は、「イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。」などとする声明を出しました。
2月25日。文部科学省は、ある自治体の学校で感染者が出た場合、感染者がいない周辺地域の学校も積極的に臨時休校を検討するよう求める通知を、全国の都道府県教育委員会などに出しました。感染者と濃厚接触したと認定された児童生徒は、接触日から2週間の出席停止とする目安も示しました。
2月26日。安倍首相は、「この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベントなどは大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は中止、延期、または規模縮小などの対応を要請することとします」と述べました。
2月27日。安倍首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、全国すべての小中高校と特別支援学校について、3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請しました。
皆さんは、この内容をどう思われますか?

20日の声明では、明らかに「イベント主催者に一任しますから、しっかり対応してくださいね。ちゃんとお願いしましたから、あとの責任は主催者側でとってくださいね。」という内容です。
25日の通知は、「学校の臨時休校は、自治体や学校法人などの設置者が決めることになっているので、しっかり対応してくださいね。」という内容です。
この2つの外部への責任丸投げ内容に、内外から批判が高まりました。その批判をかわすために、急遽26日にイベントの中止、延期、規模縮小の要請を首相自ら発信しています。要請に強制力はなく、開催するかどうかの最終判断は主催者に委ねられますが、首相が要請することで政府の強い姿勢を示したつもりなのでしょう。
更に27日にも矢継ぎ早に臨時休校を要請しています。まるで、「政府は先手先手を打っています!すごいでしょ!」と、「政府の対応が後手後手になってる」と批判されている中、逆転ホームランを狙った只のパフォーマンスとしか思えません。

しかし、よく考えてみてください。感染者が1人も出ていない東北地方や中国地方、徳島県に1人しか出ていない四国地方、2人出ている長野県や岐阜県の山奥の小中学校、などなど休校にして何の意味があるのでしょうか?小児や教員の感染が確認された北海道や千葉県は、それぞれ要請がある前に休校を決定しています。これが正常な判断です。例えば、インフルエンザで感染者が1人も出ていないのに、学級閉鎖や学校閉鎖をするバカがどこにいるでしょうか?

Medpeerという医師専門のサイトのアンケート調査でも、約6割の医師が反対しています。また、この休校により医療従事者が出勤困難になる影響で、一部の診療を制限すると発表した病院も出ています。更に、非医療従事者だったとしても仕事を休む事で収入が減少することが予想されます。共働き家族への補償はどうするのでしょうか?誰にも子供を預けることができず、仕方なく子供を1人で家に残して、何か起こった時の責任は誰がとってくれるのでしょうか?休校による学習の遅れや休校中の学習内容はどうするのでしょうか?
これらの様々な課題に「責任を持つ」という言葉は何度も聞きましたが、一度も責任を取ったことがない状況では信頼することはできません。国難の対策をしているというイメージだけをばらまかれても,もはや政治利用としか思えません。

皆さんはどう思われますか?

2020.02.27.

新型コロナウイルスに思う

皆さん、こんにちは^^
本日から週末にかけて、また寒くなるようですね。
毎日毎日、新型コロナウイルスのことばかり。
ちょっと騒ぎすぎの感はありますが、本日は私の思うことについてお届けします。

新型コロナウイルスについては、「どこで感染したかはっきりしない」いわゆる“疫学的リンクが追えない感染例”が各地で確認されるようになり、国内感染期に入ったと考えられます。今後は、急激に国内の感染者が増えていくと考えられています。

2009年のH1N1インフルエンザパンデミックでは、2000万人が感染しました。今回もそれに迫る規模の感染になる可能性はあります。最終的には、今後数年を掛けて、おそらく大多数の日本人が一度は新型コロナウイルスに感染することになるでしょう。
人類がある種の感染症に初めて接すると、爆発的な流行をもたらすことがあります。いわゆる新興感染症の脅威は、その感染症に対する集団免疫がない中で流行が起こるからなのです。しかし、流行はピークを作って、やがて下火になっていきます。これは、社会の中に既感染者が増えることで、集団としての免疫が構築されるからだと考えられています。

今回の新型コロナウイルス感染症が終息する見込みは、神のみぞ知るとしか言いようがありません。しかし、参考になるデータはあるのです。季節性インフルエンザは毎年11月頃から始まって、2月頃にピークを越え、4月頃に終息します。つまり約6か月の流行期間なのです。
また、同じコロナウイルス感染症であるSARSを見ても、2002年末から2003年5月頃までの約6か月の流行であったことが分かります。SARSが6か月で終息したのは、集団免疫が構築されたからなのか、季節が変わったからなのかは分かりません。新型コロナウイルス感染症の季節性変動については、南半球での疫学状況や、一年を通しての流行状況が今後どのように推移するかを今しばらく見守る必要がります。

これらの経験から類推すると感染が落ち着くまでには半年前後かかるかもしれません。
また、毎年インフルエンザ感染者数は全世界で約1500万人、死亡者数は約1万人と言われています。今回の新型コロナウイルス感染者数は2月25日で約8万人、死亡者数は約2,600人です。確かに死亡率は新型コロナの方が高いですが、感染者数はインフルエンザの方が圧倒的に多いのです。

ですから、慌てることなく、恐れることなく、騒ぎすぎることなく、先日書いた手洗いとマスクを行ってしっかりと感染予防をしていきましょう。

2020.02.21.

マスク、手洗い、うがい

皆さん、こんにちは^^
新型コロナウイルスの感染者の増加が止まりませんね。
そして、各都市でマスクが無くなるという事態も発生しています。
まるで、オイルショックの時のトイレットペーパーのようです。
(この話題を知っているということは、相当歳ですな)
本日は皆さんに冷静になっていただくために、感染予防の話題をお届けします。

私もブログで、インフルエンザの時にも「マスク」、「手洗い」、「うがい」と書いています。
これはよく言う一般論で、感染予防という意味では1つしか効果はないのです。

咳やくしゃみなどによって飛び散る飛沫(直径5μm=5/1000mm=以上の水分)に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染することを「飛沫感染」と言います。飛沫は1m位飛んでから落下しますので、通常は1~2m以内の至近距離で飛沫を浴びることで感染します。風邪のウイルスやインフルエンザウイルスがその代表です。
ウイルスそのものは直径0.1μm位で、普通のマスクの網目よりずっと小さいため、ウイルス自体をマスクで防ぐことはできません。しかし、ウイルスを含んだ水分の「飛沫」はマスクに引っかかりますので、感染した本人が飛沫を出さないためにマスクをすることは、周囲の人たちにとって十分効果的です。
一方、外出時にマスクをしても、至近距離から咳やくしゃみを浴びることがなければ、予防策としてあまり意味はありません。ただし、花粉は直径30μmくらいなので花粉症対策としては効果があります。

しかし、残念ながら飛沫は目にも入ってきて、その粘膜から感染することも多いので、ゴーグルのようなものを着けないと本当の飛沫感染対策にはなりません。日常生活でそこまではちょっと難しいですよね。

感染した本人のマスク着用は重要ですが、周囲の予防としては「手洗い」が最も重要です。飛沫感染する病原体は当然、接触感染も起こすからです。
手洗いは、感染を未然に防ぐための基本になります。30秒間のアルコール塗布を、石ケンと水での30秒間の手洗いと比較すると、アルコール消毒の方が5倍以上消毒効果が優れているのです。石けんは、トイレ後や手指が目で見て汚れているときに使いましょう。
研究結果でもアルコール手指消毒薬による皮膚上の細菌数の減少は、30秒で1/3000、1分で1/1万~1/10万。一方、石けんと水の手洗いによる皮膚上の細菌数の減少は、15秒で1/4~1/12、30秒で1/63~1/630にしかなりません。
手洗いはアルコール消毒が絶対的に優れているのです。

一方、「うがい」については専門家の間でも賛否両論あります。「ウイルスは目や鼻からも侵入するのでほとんど予防効果がない」という意見がある一方、水道水によるうがいは、しない場合に比べかぜの発症率を40%抑えたという研究結果もあります。結論は出ていませんが、しないよりはした方が良いというくらいです。

つまり、感染予防で重要なのは、断然「手洗い」なのです。ですから、皆さんも慌ててマスクの買い占めなどしないでくださいね。
もう一つ、私の個人的な印象ですが、私を含め医師たちは風邪をひくことが少ないように思います。これは数えきれないほど風邪のウイルスを浴びていて、ウイルスに対する免疫が強くなっているからかもしれません。感染に神経質になりすぎて、病原微生物と全く接触しないのも、免疫がつかないという意味で問題があるかもしれませんね。

2020.02.14.

ワンちゃんがお出迎え

皆さん、こんにちは^^
昨日も少し触れましたが、新型コロナウイルスで初の死者が出ましたね。
感染経路も未だ解明されていません。
はっきり言って、国内には新型ウイルスはウヨウヨいると思います。
だって、中国の春節で最初から海外渡航を禁止にせずに、途中からでしょ。
海外渡航禁止になる前に大勢の中国人が日本各地でうろうろしていたんですから。
我々にできることは、インフルエンザ対策と同じです。
人ごみに出ない、うがい、手洗い、マスクです。
それで感染したなら、仕方ありません。交通事故にでもあったと思ってあきらめましょう。

さて、暗いニュースが多い中、当クリニックの入り口で可愛いワンちゃん6匹が皆さんをお迎えします。
先代のランちゃんと、今のポンちゃんとラッキー君がそれぞれ2匹ずつ。
可愛いケースの中から、皆さんの健康を祈っております。
是非、ご来院の際には気付いてあげてくださいね。

2020.02.13.

マイクロプラスチック

皆さん、こんにちは^^
本日は春のような陽気ですね。ちょっと歩くと汗ばむくらいです。
しかし、世の中は新型コロナウイルスで大騒ぎ。
検疫官が感染するとは、何ともお粗末なお話。
通常勤務してるし、電車通勤としたら大問題ですよ!
さて、気分を変えて、今回はマイクロプラスチックのお話です。

海に流れ出たプラスチックごみが砕けた微小な粒「マイクロプラスチック」。有害な化学物質を吸着しやすく、生態系への影響が懸念されています。海の生きものだけでなく、すでに人間の暮らしにも深く入り込んでいるのです。

人間の口に入るものから、マイクロプラスチックが検出される例が相次いでいます。
英ブルネル大は2018年、英国のスーパー8店で売られている貝を調べたところ、すべての貝からマイクロプラスチックが検出されたと発表しました。推計でムール貝100グラムあたり70個が含まれているとみられています。日本でも東京農工大の高田秀重教授らが、東京湾でイワシやムール貝の一種、ムラサキイガイなどから検出しているといいます。
水道水を調査したのは米ミネソタ大の研究チーム。米国や英国、イタリア、キューバ、インドなど14カ国159カ所の水道水を調べたところ、イタリア以外の13カ国の水道水からマイクロプラスチックが検出されました。研究チームは「米国など先進国でも多く検出されており、一概に浄水設備の問題とは言えない。様々な要因が関係していそうだ」とみています。
マレーシアやフランス、英国などの国際研究チームは、マレーシアで販売されている食塩を調べました。豪州や日本、フランスなど8カ国で製造されたものからマイクロプラスチックが検出されたのです。研究チームは「健康に影響が出る量ではなかったが、体内に蓄積されるので引き続き調べていく必要がある」と話しています。
オーストリアの研究チームが日本、英国、イタリア、オランダ、オーストリア、ポーランド、フィンランド、ロシアの計8人の大便を調べたところ、すべてからマイクロプラスチックを検出しました。便10グラムあたり平均20個が見つかったのです。

こうした情報を収集している欧州食品安全機関(EFSA)は「マイクロプラスチックの人間の体内での挙動や毒性を明らかにするにはデータが十分でなく、有害かどうかを言及するのは時期尚早だ」との見解を公表しています。しかし、東京農工大の高田教授らの研究では、魚を食べている海鳥の体内にマイクロプラスチックが原因とみられる有害物質が蓄積していることが分かっています。
プラスチックストローやプラカップなど、我々の周りにはプラスチックがたくさんあります。確かに便利ですが、環境のことを考えると、やはりマイストローやマイカップを持ち歩いた方が良いのかもしれませんね。未来に生活する子供たちのためにも。

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ