あれこれブログ

2020.05.25

国産ワクチン、来春か

皆さん、こんにちは^^
本日、1都1道2県の緊急事態宣言が解除されます。
しかし、まだまだ以前のような普通の生活に戻ることは出来ません。
治療薬やワクチンが出来るまでは、3密を避ける生活は変わらないでしょう。
本日は、その気になるワクチンについてお届けします。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ切り札として期待されるワクチンの開発に、大阪大の森下教授が挑んでいます。同大発創薬ベンチャーのアンジェスと組み、臨床治験を7月から行う計画で、効果や副作用を確認しながら、来春の実用化を目指しています。森下教授は「流行の第2波、第3波が懸念され、一日も早く国民に届けたい」と語っています。

今回のワクチンは、ウイルスそのものを使って作る一般的なワクチンと違って、ウイルスの遺伝情報を一部組み込んで作る「DNAワクチン」と呼ばれるタイプで、遺伝子治療薬の研究開発で長年培ってきた組み込み技術を応用しています。投与すると体の免疫機能が異物と認識し、排除しようと抗体を生み出し、ウイルスが侵入してきたら、その抗体が働いて抑え込むのです。
インフルエンザなど多くのワクチンは、ウイルスを弱毒化したり不活化したりして、鶏の卵で増やして製造します。実際に患者に打ち始めるまでに5~8カ月が必要となり、早期には対応できません。DNAワクチンはウイルス自体を使用していないため、安全性が高く、開発から供給までが6~8週間と短く、大腸菌を使って大量生産もできるのです。もちろん課題はあり、抗体をつくる能力が若干弱いとされている点は今後改良していくようです。

進捗状況は、3月下旬に動物実験用の原液が完成し、現在はラットやサルなどに注射し、抗体の出来具合や副作用の有無を調べている段階です。実験は順調に進み、想定した成果が出ているので、医薬品として国から承認を得るために必要なヒトへの臨床治験は、7月に開始予定です。
国産の開発にこだわる理由を同氏は、「欧米ではすでにヒトへの臨床治験が始まっており、製品化されたら、自国を優先するでしょう。そのため、日本に入ってくる時期や量は見通しづらいからです。」と語っています。

是非とも、森下教授には頑張っていただきたいものです。
ちなみに、同氏は私の故郷である岡山県(総社市)の出身です。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ