あれこれブログ

2019.09.13.

暑い9月にインフルが

皆さん、こんにちは^^
昨日あたりからカラッとした秋の空気に変わったような感じです。
ただ、まだまだ暑い日はありそうなので熱中症にも十分注意してください。
本日はこの暑い9月にインフルエンザの話題です。

夏休み明け早々、インフルエンザによる学級閉鎖が、各地で相次いでいます。大阪でも東大阪のほうで学級閉鎖があったようです。
特に沖縄県を中心にインフルエンザ患者が増えています。沖縄の増加が全国平均を押し上げ、10年ぶりの高水準となっているのです。和歌山県や埼玉県などでも報告数が全国平均を上回っており、専門家はこまめな手洗いなどの感染予防策を訴えています。

国立感染症研究所が10日に発表した直近1週間(8月26日~9月1日)の全国1医療機関あたりの平均患者報告数は0.39人。新型インフルエンザが流行した2009年に次ぐ多さでした。前週の0.24人より大幅に増加しました。
特に沖縄県では1医療機関あたりの患者数が、大流行の発生・継続が疑われる「警報レベル」20.31人に達し、前週の1.5倍を超えています。増加の理由は不明ですが、沖縄では近年夏にインフルエンザが流行する年があるようです。沖縄県によると、今年の流行では特に9歳以下の小さな子どもの感染が多いということです。専門家によると、夏休み期間に南半球(気候は冬です)に旅行した人たちが、ウイルスを持ち帰っている可能性も指摘しています。

報告数が全国平均を上回ったのは、沖縄のほかに和歌山(0.55人)、宮崎(0.54人)、埼玉(0.42人)。感染症に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は「インフルエンザに限らず感染症予防にはこまめな手洗いが有効だ。また、急に熱が出たら夏風邪と思って放っておかず医療機関を受診してほしい」と話しています。
平野地区でもインフルエンザが検出されたクリニックや診療所があるようです。高熱が出たら是非早めに受診してくださいね。

2019.08.29.

亜鉛不足で脱毛に

皆さん、こんにちは^^
今年の秋雨前線は台風並みですね。
北九州や西日本の方は十分注意してくださいね。
さて、今回の話題は、亜鉛不足と脱毛のお話です。

亜鉛は1,000の酵素反応、2万以上の転写反応に必要な必須微量元素であり、発生、分化、増殖といった幅広い生体活動に関与しています。しかし、その役割の多くは明らかされていません。2019年7月13~14日に行われた日本men's health医学会において、小川 陽一氏(山梨大学皮膚科学部内講師)が「亜鉛と皮膚疾患」について講演されました。

亜鉛はすべての生物に不可欠であり、継続的に欠乏すると死に至ります。必須微量元素としての生体内含有量は鉄に次いで2番目に多く、体内で常時2~3gに維持されています。しかし、「亜鉛欠乏患者は発展途上国を中心に世界で13億人も存在し、全世界人口の17%に相当する」と小川氏はコメント。亜鉛が欠乏すると、味覚異常をはじめ、皮膚炎や口内炎のほか、脱毛や傷が治りにくいなどの症状が出現します。また、亜鉛濃度は日内変動と加齢変化を起こすことから、後者により50歳以上で潜在的な亜鉛欠乏に陥っている可能性が高いといわれています。

亜鉛不足による皮膚疾患として、ペラグラやビオチン欠乏症などが挙げられますが、同氏は「脱毛」に着目した研究結果を報告。亜鉛欠乏マウスの実験により、亜鉛欠乏による脱毛は、真皮乳頭が萎縮し毛包幹細胞が減少することで毛周期・再生の異常をきたすことが原因であることを明らかにしました。また、この臨床応用として、11歳女児の症例を報告。脱毛の原因として、トリコチロマニア(抜毛癖)や膠原病、甲状腺機能低下症などを否定し、亜鉛濃度が69μg/dLであったことから酢酸亜鉛水和物製剤を開始した結果、良好な結果が得られたそうです。

最後に同氏は「亜鉛欠乏は思っているよりもcommonな疾患・状態である。血清亜鉛が80μg/dL以下であれば酢酸亜鉛水和物製剤の投与を推奨する。また、採血のタイミングは早朝空腹時の測定が望ましいが、朝ごはんを食べたとしても午前中に採血できれば問題ない」と述べています。

50歳以上で脱毛が気になる方は、一度調べてみてはいかがでしょうか?

2019.08.06.

ペットボトルで熱中症対策

皆さん、こんにちは^^
8月に入って一層暑さが増してきていますが、熱中症対策は十分でしょか?
本日開幕した甲子園で新たな熱中症対策がされているようなので、ご紹介します。

日本高校野球連盟と朝日新聞社は8月1日、本日開幕の第101回全国高校野球選手権大会から実施する暑さ対策を発表しました。冷たい水が入ったペットボトルで手のひらを冷やす方法で、深部体温の上昇を防ぎ、熱中症を予防するのが狙いのようです。

15度前後の冷水で冷やしたペットボトルを、ベンチ内に用意し、選手がベンチに下がった際に、ペットボトルを手のひらで転がしたり握ったりして冷やすのです。冷たすぎると逆に体温が上昇する可能性があるため、温度管理ができるようにペットボトルを浸す水の温度を測る温度計も設置するそうです。

実施を決めるにあたり、7月に大学野球部の協力を得て、効果を検証しています。手のひらを冷やさずに運動した選手に比べ、冷やした選手の方が、体温の上昇を抑えられる傾向が見られたといいます。ただ、地方大会で導入しなかったため、参加校には実施を強制しない予定だそうです。

日本高野連は7月、甲子園大会で選手の体調管理をサポートする理学療法士とともに、手のひらを冷やすことの効果を確かめました。実験に参加したのは大学生の投手と捕手。イニング間を想定し、20球を投げてから5~10分ずつ、腕や手を冷やしました。冷水が入ったペットボトルを手のひらで転がしたり、15度前後の冷水にグラブ側の腕をつけたりする方法で、体温の変化や、投球への影響を見たのです。
その結果、冷却をしなかった選手に比べ、冷やした選手の多くで体温の上昇が抑えられました。なかでも、ペットボトルで手のひらを冷やす方法は、「手軽で、投球にも影響はない」などの肯定的な意見が多かったといいます。
一方、13度ほどに下がった水に、腕から指先まで冷やした選手の一部は、逆に体温が上昇したり、冷やした方の手が重く感じたりするような例がありました。

日本高野連の田名部和裕理事は「熱中症対策は待ったなしで、甲子園での事故は絶対にあってはならない。これからも効果が期待できる方法を探り、どんどん試していきたい」と話しています。

手軽にできそうですね。特に外でスポーツをする方は是非お試しください。

2019.07.30.

院長のお気に入りVol.22 きむら商店

皆さん、こんにちは^^
いやはや、暑い!外に立っているだけでも、汗が噴き出してきます。
まとわりつくような暑さです。
でも、暑さに負けずに、久々の院長のお気に入りを行っちゃいましょう!

本日のご紹介は「きむら商店」さん。
ご夫婦で営まれている、店内カウンターと店外テーブル1個のこじんまりとしたお店です。
場所は、クリニックからビス平野を目指して商店街を進んで、出口の近くの左手にあります。

ここのお勧めは、もちろん「いか焼き」なのですが、いつも食べてるので、写真は撮るの忘れてました。
いか焼きが美味しいのは言うまでもないのですが、ここの凄いところは1品料理が豊富ということなのです。
メニューの一部を載せていますが、これだけではないのです。
カウンターの上からメニューの隣からいたるところに1品料理のメニューがいっぱい!
しかも、お酒のあてになる量なので、いろいろな料理が楽しめちゃいます。
焼き物から、揚げ物、おでん、麺類、そして肉吸いまで。

ちなみに、この日は、いか焼き→アジフライ→餃子→鶏唐→蒸し豚→韓国冷麺でした。
最近は、肉吸いにはまってます。最初は一味をかけて、その後、おろししょうがをたっぷり入れて味変です。

いか焼きのお持ち帰りだけもやってますので、是非お立ち寄りください。

きむら商店

院長のお気に入りVol.21 蘭蘭

2019.07.29.

子供の熱中症

皆さん、こんにちは^^
大阪でもやっと梅雨が明けて、いよいよ夏本番の始まりです。
何回も書きますが、これからの時期は熱中症に気を付けてくださいね。
今回は、子供の熱中症にスポットを当ててみました。

先月後半から急に暑くなってきました。熱中症のニュースも、ちらほら耳にします。熱中症といえば、夏真っ盛りのイメージかもしれません。ですが、熱中症のリスクは、ただ気温が高いことだけではありません。湿度が高いと発症しやすく、また、体がまだ暑さに慣れていない時期もリスクは高くなります。
これらの条件がそろい始めるのが、この季節。梅雨明けあたりからは、特に注意が必要です。消防庁によると、記録的猛暑となった昨年は、全国で過去最多の9万5000人超(5~9月)が熱中症になり、救急搬送されました。患者数を見ると、6月後半から増え始め、7月がピークとなっています。

熱中症といえば、高齢者のイメージが強いかもしれません。実際、昨年、熱中症で救急搬送された方の年齢も、65歳以上が48%と約半数を占めています。ただ、その一方で、子供もまた、熱中症にかかりやすいことも知っておいて下さい。
子供は、体温を調節する機能が未熟で、汗腺も十分に発達していないため、大人と比べ、体温が上がりやすいのです。また、体に占める水分の割合が大人よりも大きく、代謝が活発なため、汗や尿として体から出る水分も多いという特徴があります。そのため、脱水になりやすいことも、熱中症のリスクになります。

もう一つ、強調しておきたい点があります。子供の中でも、特に小学生以上の場合に、重症化しやすいことです。昨年のデータでも、熱中症で救急搬送に至った子供の多くは7~17歳で、全年齢の14%。これに対し、7歳未満は1%でした。乳幼児は保護者が見守っていて、無理させないことが多いためと考えられますが、言い換えれば、乳幼児の熱中症予防は保護者にゆだねられているともいえます。

まず、小学校入学前までの子供特有の注意点を、お伝えします。まず、大人より背が低いため、同じ場所にいても、大人よりも地表からの照り返しを強く受けます。ベビーカーに乗っている子供も同じです。夏のアスファルトからの照り返しは、非常に高温になります。ベビーカーには、直射日光から子供を守る 覆いが必須ですが、それだけでは熱をさえぎることができないのです。
また、小さな子供は体の不調を正確に訴えることができず、遊びに夢中になるとギリギリまで無理をしてしまうため、熱中症のサインに気づくのが遅れがちです。休憩や水分補給は、本人任せではなく、大人が20~30分ごとに促すことが必要です。

小学生から高校生くらいまでの青少年の熱中症の多くは、スポーツ時に発症しています。野球などの球技や陸上競技など、グラウンドで行うスポーツが多いといわれています。しかし、日差しのない屋内でも安心はできません。特に、体育館は風もなく、閉め切っていることもあり、熱中症のリスクが高くなります。剣道など、防具や厚い衣類を着用するスポーツでは特に注意が必要です。米国小児科学会は、「気温29度以上の運動は危険」と、中止勧告を出しています。

昨年ほどではないかもしれませんが、今年の夏も暑そうです。しっかり予防し、少しでも熱中症の患者さんが減ることを願っています。

2019.07.23.

夏場も注意、脳梗塞

皆さん、こんにちは^^
本日の昼間の暑さは、まさに夏本番という感じでしたね。
これからの季節、ますます熱中症に注意する必要がありますが、その他にも意外な病気に注意が必要です。
それが、脱水による脳梗塞なのです。

脳卒中は冬に起こりやすいと思われがちですが、脳梗塞に限ると夏の発症も実は多いのです。
国立循環器病研究センター病院の豊田副院長は「夏は汗をたくさんかくため、脱水症状から脳梗塞を起こす危険性があります。特に高齢者では注意が必要です」と警鐘を鳴らしています。

脳梗塞は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓が詰まったりして血流が途絶えることで発症します。脳の細い血管が詰まるラクナ梗塞、太い血管が詰まるアテローム血栓性脳梗塞など動脈硬化が原因となるものと、心房細動など心臓の病気が原因となって起こる心原性脳塞栓症があります。夏に比較的多いのは、動脈硬化が原因のラクナ梗塞とアテローム梗塞なのです。

「気温が高い夏は汗の量が増え、特に高齢者では簡単に脱水に至ります。脱水状態に陥ると、血液中の水分量も減少して血液がドロドロになり、血液の塊である血栓が生じやすくなります。この血栓が、動脈硬化により狭くなった血管を詰まらせるのです」と豊田副院長は説明しています。高血圧や高脂血症、糖尿病や肥満などがあると、動脈硬化が進みやすく、更に注意が必要です。

夏の脳梗塞予防では、小まめな水分補給が重要です。「高齢者では喉の渇きや暑さの感じ方が鈍くなる傾向が見られ、気付かぬうちに脱水になってしまうことがあります」と豊田副院長は指摘しています。アルコールには利尿作用があり、尿量が増えるので脱水の原因にもなります。運動後や入浴後はビールではなく、利尿作用の少ない麦茶や水などがお勧めです。また、人は睡眠中にも180mLほどの汗をかくので、就寝前や起床後にコップ1杯の水を飲むことをお勧めします。さらに、気温が高い日中の外出や炎天下での活動は避け、外出時には帽子や日傘などで直射日光を避けるよう心掛けましょう。脳梗塞を起こすと、突然、片方の腕や脚に力が入らなくなり、物がつかめない、歩けない、その場に倒れるといった状態になります。また、顔の片方が垂れ下がる、ろれつが回らなくなる、言葉が出なくなるなどの症状も表れます。

「発症後すぐに治療を開始すれば、後遺症もなく回復する可能性が高まります。脳梗塞が疑われる顔の麻痺(Face)、腕の麻痺(Arm)、言葉の障害(Speech)に突然見舞われたら、発症時刻を確認(Time)して、ためらわずに救急車を呼んでください」と豊田副院長。頭文字をつなげて「FAST(ファスト)」と覚え、活用してくださいね。

2019.07.18.

冷気と喘息症状

皆さん、こんにちは^^
ご無沙汰しております。というのも、、、7月1日に今まで使っていたノートPCが動かなくなったのです。
すぐにDELLのデスクトップ注文をしたのですが、届いたのは14日。
色々なソフトを再設定しながら、バックアップデータを戻し、何とか使えるようになったのが昨日でした。
(関係ありませんが、Windows10のメールは全く使えませんな。私はThunderbirdに変えました。)

さて、猛暑が予想されるこれからの季節、皆さんは家庭でのエアコン使用の機会や、職場や外出先でエアコンのきいた冷気のなかで過ごす機会が増えるのではないでしょうか。こうした状況を踏まえ、今回は冷気と喘息症状について考えてみましょう。

喘息の特徴的な病態とされている変動性の気流制限の要因である気道径の狭小化の機序のひとつとして、気道平滑筋の収縮があります。気道平滑筋の収縮の要因としてアレルゲン暴露が知られていますが、アレルゲン以外としては「外因性刺激として冷気、煙、化学物質、気象変化、内因性刺激として運動、心理的ストレスなどがあり、これらは炎症細胞からのメディエーターの遊離の促進あるいは迷走神経反射ないし軸索反射を介したアセチルコリン、神経ペプチドの遊離により平滑筋を収縮させる。」ことが知られています。(少し難しいですかね)

咳喘息、咳優位型喘息を対象に行われた調査において、咳の誘発因子として冷気が示されました。本調査では、咳優位型喘息・咳喘息140例と非喘息性遷延・慢性咳嗽54例を対象に、先行研究で示された18因子が咳を誘発するかのアンケート調査を行いました。その結果、喘息性患者、特に咳喘息患者では冷気により咳が誘発される頻度が高く、非喘息性患者と有意な差が認められました。特にこれからの季節は、クーラーによって冷えすぎた空気による咳の誘発にも注意が必要ではないでしょうか。

このような喘息患者の咳症状は、睡眠に影響を与える可能性が考えられます。喘息患者さんへの調査において、睡眠関連事象ありと回答された患者さんでは咳症状を多く経験していることが報告されました。つまり、そのような咳症状を訴える患者さんは、夜間や明け方の睡眠にも影響を受けている可能性が考えられます。
さらに、これからの季節は、皆さんが日常生活の中で冷気や外気温差に触れ、咳などの症状に苦しむ可能性があると考えられます。その際、症状に対応して、その都度吸入薬を使用するのも大切ですが、あらかじめ症状が出ない状態を目指した高いコントロールを維持することが重要ではないでしょうか。

そのためにも、症状がなくても継続的な治療をお勧めします。

2019.06.25.

前夜祭が終わり、、、

皆さん、こんにちは^^
前夜祭も無事に終わり、いよいよ杭全祭りが近づいてまいりました。
来週の日曜日は試験引き。あっというまですね。
そして、熱中症の季節でもあります。
今回は、熱中症に関するお話です。

昨夏に続き、今年も猛暑のようです。高齢者は若い人より体の水分量が少なく、のどの渇きも自覚しにくいため、熱中症になりやすいと言われています。自分の感覚に頼らず、体の変調にいち早く気付いて対処したいものです。

総務省消防庁のまとめによると、昨年5~9月の熱中症による全国の救急搬送者数は約5万6000人に上り、そのうち、65歳以上の高齢者は半分を占めていました。熱中症は、発汗による脱水症状などが原因で起こる障害で、めまい、倦怠感、頭痛のような症状や重症化すれば、意識障害や死に至るケースもあります。
熱中症予防に取り組む済生会横浜市東部病院の医師谷口英喜さんは、「まずは食事をしっかりとって」とアドバイスしています。高齢者は食が細りがちですが、食事は栄養だけでなく水分や塩分の摂取にもつながります。栄養バランスと量を考えた食事を規則正しく取ることが欠かせません。水分は食事も合わせて1日8回取るのが目安。食欲がなくても、定期的に一口でも水を飲むなど、自分のペースで水分を取る習慣を身につければ、脱水症状は防げ、つまり熱中症も防げるといいます。
また、暑さに対する感覚が加齢で鈍くなる人もいるので、自分の基準ではなく、必ず温度計を見て室温を調節しましょう。室温の目安は28度以内。ただし、湿気があると同じ気温でも暑く感じるので、湿度60%以上なら、もっと下げても構いません。室温と湿度の両方を測定する熱中症計を設置すると便利です。室温と湿度が一定水準を超えたら音が鳴るような仕組みになっているのです。

谷口さんは「予防と同時に、不調を見抜くことも大事」と話しています。谷口さんが属する医師らのグループ「教えて!『かくれ脱水』委員会」では、まだ症状はないが脱水症状の一歩手前の状況を「かくれ脱水」と呼び、早めの対処を呼びかけているのです。
たとえば、日々の体温や体重をチェックし、体温が急に上がったり、7日以内に4%を超える体重減少があれば、「かくれ脱水」の可能性があります。また、手の甲をつまみ上げて放し、富士山のような跡が3秒以上できてしまうようであれば、水分が肌から奪われているなど、簡単に見極める方法があります。
かくれ脱水かなと思ったら、薬局などで売られている経口補水液で早めに水分を補給しましょう。補水液には塩分と糖分が含まれ、水分の吸収速度を高めてくれます。高齢者の健康相談を受ける看護師の秋山正子さんは「寝ている時に足がつるのも脱水症状のサイン。そういう人は寝る前に補水液を飲みましょう」と呼びかけています。

夏の暑さに体が慣れていない梅雨明けの時期は、最も注意が必要です。秋山さんは「一人暮らしの高齢者では難しいこともあるので、家族や近所の人など周囲も支えてあげてください」と話しています。

2019.06.18.

頭痛に効く足裏反射帯

皆さん、こんにちは^^
未だに梅雨入りしない大阪。今年は空梅雨なのでしょうか?
この季節、低気圧の接近に伴い頭痛が悪化する方がいます。
そこで、今回は頭痛に効く足裏反射帯
(ゾーン)のご紹介です。

頭痛は日常の中でよく起こる症状ですが、安易に考えてはいけません。くも膜下出血や脳梗塞など、重大な病気の前兆である可能性があるからです。もし激しい痛みやひどい吐き気をともなうようなら、病院を必ず受診してください。

このような重大な場合を除いても、頭痛の原因は様々です。歯痛や過労などのほか、度数の合わないめがねが原因になることもありますし、サイズの合っていない靴を履いて、足の親指や小指が圧迫されると頭痛が起こることがあります。また「頭痛の種」という言葉があるように、心配事や悩み事などの心労によっても起こります。

頭痛に効く反射帯(ゾーン)は「頭部」「側頭」「首」の三つです。「頭部」は足の親指の腹、「側頭」は親指の腹の左側で人差し指と接している部分、「首」は親指の付け根にあります。 頭の片側がズキズキと痛むような場合は、「側頭」のゾーンを念入りにもみほぐしてください。
もみほぐし方を説明します。足裏もみは右足から行ってくださいね。
1.側頭ゾーン 人差し指の第2関節の角の親指側で、もみほぐします。
2.頭部ゾーン 両手の親指の先で交互に押します。
3.首ゾーン 人差し指の第2関節の角で外側へ向けてこすります。
これを左足も同じようにやってください。
ときどき足裏をもんでいるという人でも、足の指まで、意識してもみほぐしている人はあまりいないのではないでしょうか。まずは、各ゾーンの区別をあまり厳密に考えず、親指全体をもんでみるとよいでしょう。リラックスできるはずです。

映画やドラマなどで、悩み事を持っている人が部屋の中をぐるぐると歩き回っているシーンがあります。これには理由があり、東洋医学では「人間は足を使うと頭の重いものが軽くなる」と言われています。頭痛のある人には、ウォーキングもオススメです。
頭痛は慢性化しやすいものです。まだ軽いうちに、日頃から足裏の刺激を行うことで慢性化を防ぎましょう。

2019.06.11.

胃腸のためのNG行動

皆さん、こんにちは^^
大阪はまだ梅雨入りしていませんが、すっきりしない天気です。
最近、嘔吐や下痢で来院される方が増えています。
そこで、今回は胃腸に優しいお話です。

胃腸を労わることは、健やかな身体をつくるためにとても大切なことです。国際薬膳調理師の倉口ゆうみさんが、できれば避けたい習慣として、胃腸が疲れやすくなるNG行動を5つご紹介しています。

(1)冷たいものを好んで食べる
薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)の世界では、消化吸収システムのことを脾(ひ)といいます。脾は、冷たいものを食べると働きが弱ることがあります。働きが弱ると、食べたものをきちんと栄養に変えられず消化不良を起こしやすいので、温かいものを食べることが大切です。

(2)お刺身、生野菜を好んで食べる
お刺身や生野菜サラダなどの火を通さない調理法は、脾に負担をかけやすくなります。生物を食べる頻度を減らしたり、汁物をプラスするなどの工夫をしましょう。

(3)お腹いっぱいになるまで食べる
消化をするにもエネルギーを使うといわれています。苦しいと感じるまで飲食すると、消化にとてもエネルギーを使うので、胃腸に負担がかかります。腹八分目までを心がけましょう。

(4)揚げ物、辛い物を毎日食べる
揚げ物や辛いものは、消化をするにも時間がかかり、脾の働きを低下させる原因につながります。食べる回数を月に何回までと決めるなど、毎日食べない工夫をしましょう。

(5)毎晩ビールを飲む
ビールは身体を特に冷やしやすい寒性(かんせい)の部類に入り、脾を冷やし働きを低下させてしまいます。どうしてもアルコールを飲みたい場合は、ワインやお湯割りなどがおすすめです。

いかがでしたか? 食習慣を見直して健やかな身体をつくりましょう。

  1 / 33  次のページへ

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ