あれこれブログ

2020.05.29.

新型コロナの寿命

皆さん、こんにちは^^
緊急事態宣言が解除されて、まだ日も浅いというのに、各地でクラスターが発生し、早くも第2波の襲来かともいわれています。
経済活動も重要ですけど、少しばかり焦りすぎたのではないでしょうか?
空前絶後の補正予算とか言ってますけど、しっかりと休業補償をしてないから、各団体から突き上げを食らうんですよ。
さて、さて、本日は新型コロナウイルスの寿命についてお届けします。

新型コロナウイルスがプラスチックや金属などの表面にくっついた場合、しばらくの間は感染力を持っていることが、研究者から報告されています。国内で感染が広がり、感染した人が咳やくしゃみ、会話でつばなどを飛ばしたり、口をおさえた手でさわったりして、身のまわりにウイルスが存在している可能性があります。では、どうやって感染を防げばよいのでそふか?

米国立アレルギー感染症研究所の研究者らが3月17日、米医学誌に出した論文で、新型コロナウイルスが感染力を保ち続ける「寿命」を報告しました。
最も長かったのはプラスチックの上で、最大で3日間、感染力を持っていました。銅の上では4時間、ボール紙の上では24時間で、感染力を持ったウイルスは見つからなくなりました。どの環境でも、ウイルスは時間がたつほど減っていました。
また、患者の咳やくしゃみなどによって飛び、密閉された空間で、空気中をしばらく漂う細かい微粒子「エアロゾル」中では、3時間感染力を保つことも確かめられました。

ただし、さらに長い可能性も報告されています。ドイツの研究者がSARSやMERSなどについての論文22本を調べた結果、コロナウイルスが環境中で感染力を保つ期間は「最大9日」でした。SARSウイルスは木材上では4日、プラスチック上では最大で9日間。MERSウイルスは鉄、プラスチックの上で最大2日という結果でした。
さらに、感染制御に詳しい大阪府立大学の山崎伸二教授は、ウイルスについて「唾液や排泄物などの液体が残った状態の方が長期間感染力が維持されると考えられる。濡れていない場所でも数時間から数日間感染力を保つことが報告されている。」と指摘しています。

何はともあれ、やはり手洗い、マスクが重要だということが分かりますね。

2020.05.25.

国産ワクチン、来春か

皆さん、こんにちは^^
本日、1都1道2県の緊急事態宣言が解除されます。
しかし、まだまだ以前のような普通の生活に戻ることは出来ません。
治療薬やワクチンが出来るまでは、3密を避ける生活は変わらないでしょう。
本日は、その気になるワクチンについてお届けします。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ切り札として期待されるワクチンの開発に、大阪大の森下教授が挑んでいます。同大発創薬ベンチャーのアンジェスと組み、臨床治験を7月から行う計画で、効果や副作用を確認しながら、来春の実用化を目指しています。森下教授は「流行の第2波、第3波が懸念され、一日も早く国民に届けたい」と語っています。

今回のワクチンは、ウイルスそのものを使って作る一般的なワクチンと違って、ウイルスの遺伝情報を一部組み込んで作る「DNAワクチン」と呼ばれるタイプで、遺伝子治療薬の研究開発で長年培ってきた組み込み技術を応用しています。投与すると体の免疫機能が異物と認識し、排除しようと抗体を生み出し、ウイルスが侵入してきたら、その抗体が働いて抑え込むのです。
インフルエンザなど多くのワクチンは、ウイルスを弱毒化したり不活化したりして、鶏の卵で増やして製造します。実際に患者に打ち始めるまでに5~8カ月が必要となり、早期には対応できません。DNAワクチンはウイルス自体を使用していないため、安全性が高く、開発から供給までが6~8週間と短く、大腸菌を使って大量生産もできるのです。もちろん課題はあり、抗体をつくる能力が若干弱いとされている点は今後改良していくようです。

進捗状況は、3月下旬に動物実験用の原液が完成し、現在はラットやサルなどに注射し、抗体の出来具合や副作用の有無を調べている段階です。実験は順調に進み、想定した成果が出ているので、医薬品として国から承認を得るために必要なヒトへの臨床治験は、7月に開始予定です。
国産の開発にこだわる理由を同氏は、「欧米ではすでにヒトへの臨床治験が始まっており、製品化されたら、自国を優先するでしょう。そのため、日本に入ってくる時期や量は見通しづらいからです。」と語っています。

是非とも、森下教授には頑張っていただきたいものです。
ちなみに、同氏は私の故郷である岡山県(総社市)の出身です。

2020.05.18.

次亜塩素酸 vs 新型コロナ

皆さん、こんにちは^^
昨日はついに新規感染者が「0」となり、めでたし。めでたし。ですが。。。
ここで気を緩めてはいけませんよ。
しっかりと、手洗い、マスクで防御しましょう!
さて、今回は次亜塩素酸がコロナに有効かをお届けします。

帯広畜産大学は、次亜塩素酸水が短時間で強力に新型コロナウイルスを不活化することを証明し、また、次亜塩素酸水の新型コロナウイルス不活化活性は溶液の酸性pHではなく、含まれる遊離塩素濃度に依存することを明らかにしたと発表しました。

新型コロナウイルスは2019年12月に中国・武漢で最初の感染例が報告されて以降、全世界に広がり2020年3月11日には世界保健機関(WHO)によるパンデミック宣言がなされました。その後も感染は拡大し、2020年5月現在において、感染者数は350万人にのぼり、24万人以上の死亡が報告されています。このような状況下で、容易に実施可能かつ効果的と考えられるウイルス感染防御対策のひとつとして、消毒薬によるウイルスの不活化が挙げられます。すでにアルコール消毒薬が効果的に新型コロナウイルスを不活化可能であることは科学的に証明されていますが、長期におよぶパンデミック状況下で、これらアルコール消毒薬の供給不足が懸念されています。

そこで研究グループは、アルコール消毒薬の代替となり得る消毒薬の候補として、ウイルスを含む多種の病原体に対する不活化効果が報告されている次亜塩素酸水に着目。今回の研究は、株式会社アクトの製品である三室型電解装置クリーン・ファインにより作製された無塩型次亜塩素酸水クリーン・リフレの新型コロナウイルスに対する不活化効果を評価しました。この無塩型次亜塩素酸水の特徴は、有塩型のものと比べて消毒効果の持続時間が長いことです。

今回の研究結果より、次亜塩素酸水は含有遊離塩素濃度依存的に新型コロナウイルスを短時間で強力に不活化可能であることが示されました。しかし同時に、長期間開放状態で室温放置され塩素濃度が低下した次亜塩素水ではウイルス不活化活性が低下すること、また、タンパク質を豊富に含むウイルス液の不活化には十分量の次亜塩素酸水が必要であることも明らかとなりました。これらの研究結果により、次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する消毒薬としての有用性が示されたとしています。

より効果的な消毒作用を維持・発揮させるために、研究グループは「適切に保管し(密栓し冷暗所での保管を推奨)、かつ作製後長期間経過したものの使用は避ける」「使用の際は十分な液量を用いる」「極度に汚れている場所や手指の消毒の際には、次亜塩素酸水を用いた複数回の拭き取りや洗浄を実施する」などの対策が望ましいとしています。また、今回の研究で用いた無塩型次亜塩素酸水は適切な保管方法で長く活性を維持できるため、作製後の遠隔地への供給・使用にも適しており、現在の深刻な新型コロナウイルス蔓延防止への寄与が期待される、と述べています。

当クリニックや老健施設ではこの次亜塩素酸水を以前から使用して消毒を行っていますので、安心して来院してくださいね。

2020.05.11.

新型コロナと栄養

皆さん、こんにちは^^
新型コロナも何となく収束に向かってるようですが、まだまだ気は抜けません。
本日は、新型コロナと栄養についてお届けします。

欧米各国で爆発的に感染者が増加し、イタリアやニューヨークでの医療崩壊のニュースは衝撃的でした。すでに日本にもこの状況が訪れようとしていると思うと戦慄を覚えます。科学が発達した現代にあっても、治療薬やワクチンがないことの恐ろしさを改めて思い知らされました。もしウイルスが体内に入ってきたら、自分の免疫機能をもって未知のウイルスと闘わなければなりません。

栄養状態は、ウイルスと闘うための土台です。どんなに最先端の医療機器を使って治療をしても、「土台」となる体がぐらぐらであれば、土台もろとも壊れてしまいます。一般の方が自分の栄養状態を確認する第一歩は、定期的な体重計測です。痩せすぎていないか、徐々に体重が減っていないか、変動をチェックしてみてください。また、傷が治りにくい、皮膚が荒れやすい方は、たんぱく質や微量栄養素の不足かもしれません。鉄欠乏貧血の方は、爪がもろく平らになったり、スプーン状に反ったりしていることがあります。

そして、食事の量や内容も振り返ってみましょう。外出自粛により「カップラーメンにおにぎり」といった食生活になっている人は、「たんぱく質不足」「微量栄養素不足」が心配です。どうしてもバランスよく食事を取るのが難しい方は、いろいろな微量栄養素がまんべんなく含有されている「マルチビタミン&ミネラル」のサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。栄養剤は微量栄養素も含まれているものがお勧めです。

糖尿病や心臓病などの基礎疾患のある患者の死亡率が高いことも明らかになっています。もともと持っていた生活習慣病などがあることで、今回のような未知の感染症によって、命を落とす危険性が高まってしまうという事実を、どれほどの人が深刻に受け止めているのでしょうか。「持病」がある人やそのご家族には、細心の注意をしていただきたいと思います。

当たり前で地味な営みかもしれませんが、バランスの取れた食生活を積み重ねることが、生活習慣病を防ぎ、低栄養状態を改善し、感染症に対する「備え」につながります。新型コロナウイルスに対しては、これから長期戦になると思いますが、社会全体で「栄養の備え」をしていきたいですね。

2020.05.01.

レムデシビル

皆さん、こんにちは^^
本日はポカポカ陽気ですね。
緊急事態宣言の延長が決定されましたが、いつまでになるのやら。
まぁ5月末か、1か月延長かでしょうね。
学校はどうなるのでしょうか?早く決めてほしいものです。
さて、本日も新型コロナの話ですが、治療薬のお話です。

安倍首相は27日の衆院本会議で、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「レムデシビル」について「間もなく薬事承認が可能となる」と明らかにしました。政府関係者によると、海外での承認などを条件に審査の手続きを簡略化する「特例承認」を適用し、5月にも利用可能にする予定で、国内で最初の新型コロナ治療薬となる見通しなのです。特例承認では、海外で承認されていることを条件に国内での治験の結果報告などを後回しにして審査を簡略化するものです。

政府は近く欧米で承認されるとみており、企業からの申請があれば手続きを進めるようです。レムデシビルを巡っては、欧米やアジアの各国が参加する国際的な臨床試験(治験)が進んでおり、重症患者を対象にした治験の結果が4月末にはまとまるといわれています。日本の研究機関も参加した別の臨床研究では、投与された重症患者53人の7割近くで症状の改善がありました。一方で4分の1に腎機能低下などの重い副作用が報告されました。

レムデシビルは、米製薬会社ギリアド・サイエンシズがエボラ出血熱の治療目的で開発した薬です。細胞を使った実験で、他の薬より低濃度で新型コロナウイルスの増殖を抑えたとの報告がありました。同社の日本法人(東京)の広報担当者も「現在臨床試験を進めており、薬の効果と安全性の確認に注力している」とコメントしいます。
日本で開発された抗インフルエンザ薬のアビガンも国内で臨床試験が進み、治療薬としても認められる可能性があります。

ただし、うちのような小さなクリニックでは当面扱えるような薬ではないので、「レムデシビルください!」とか「アビガンください!」なんて来院しないでくださいね。
宜しくお願いします。

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ