あれこれブログ

2019.02.19

魚中心の地中海食で喘息患児の肺機能が改善

皆さん、こんにちは^^
久々の雨ですが、明日から気温が上がり、風も強いので、花粉症には要注意です。
さて、今回は喘息の子供さんに朗報です。

 小児喘息の改善には健康的な食事が有効であるとされていますがが、その具体的な内容に踏み込んだ報告はありませんでした。オーストラリア・La Trobe UniversityのPapamichaelらは地中海食に加え、良質な脂肪が豊富に含まれるサケやマス、イワシなどの魚を摂取することで、喘息患児の気道炎症が有意に改善したとする結果を発表しました。

脂肪が多い魚に含まれるω-3脂肪酸には、抗炎症作用や免疫調節作用があることが報告されています。しかし、喘息に対するω-3脂肪酸の有効性を検討した研究では、一貫した結果が得られていませんでした。そこで同氏らは、ω-3脂肪酸を豊富に含む魚と地中海食の摂取による喘息患児への有効性を検証するため、ギリシャのグループと共同で研究しました。

ギリシャの首都アテネに住む5~12歳の軽症喘息患児64例(男児52%、女児48%)を対象とし、このうち半数を、ギリシャでよく食されている地中海食と、その一部として調理した高脂肪の魚(150g以上)を週2回摂取する群(魚+地中海食群)に、残る半数を通常通りの食事を摂取する群(対照群)にランダムに割り付けました。なお、肺機能はスパイロメトリーにより評価し、気管支の炎症は呼気中一酸化窒素(NO)濃度の測定値に基づき評価しました。

年齢、性、BMI、身体活動レベルで調整して解析した結果、6カ月後の試験終了時点で魚+地中海食群では呼気中NO濃度が約14ppb低下し、気管支の炎症が軽減したことが分かりました。なお、同氏らによると、国際的なガイドラインでは呼気中NO濃度が10ppb以上低下した場合に、有意な治療効果があったと解釈することが推奨されているといいます。

この結果について、同氏は「植物由来の食品とω-3脂肪酸が豊富に含まれる魚を組み合わせた伝統的な地中海食を日常生活に取り入れることは、小児喘息の症状を軽減する簡単で安全かつ有効な方法といえる」と述べています。
なかなか子供に魚を食べさせるのは大変かもしれませんが、ハンバーグに混ぜたり、カレーに混ぜたりして、頑張って食べさせてあげてくださいね。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ