あれこれブログ

2020.04.30

新型コロナのワクチン

皆さん、こんにちは^^
緊急事態宣言が延期かどうか議論されておりますが、医師会も全国知事会も延長を望んでいるのに、なんでさっさと決めないのでしょうか?
アメリカやフランスのように経済優先で介助したら、必ず第2波がやってきますよ。
さて、最近コロナの話題ばかりですが、本日は少し明るい話題です。

米ナスダックに上場している中国のバイオ医薬品企業シノバック・バイオテックは、開発中の新型コロナウイルス向けワクチンが、サルを対象とした動物実験で初めて「大きな予防効果」を発揮したと発表しました。
同社によるとアカゲザル8匹を対象にした実験で、開発中のワクチンを4匹には多めに、残る4匹には少なめに投与し、3週間後に新型コロナウイルスにさらしましたが、8匹とも発症しませんでした。ワクチンを多めに与えられた4匹では、ウイルスへの暴露から7日目に肺の中でウイルスが確認されましたが、「検出できないほど」わずかな量でした。一方、ワクチンを少なめに与えられた4匹では体内でウイルス量の増加がみられましたが、自然に制御されたとみられています。他方、ワクチンを全く与えなかった別の4匹は発症し、重い肺炎に見舞われました。

同社は世界の研究者らによる査読を受けていない状態で19日、この結果を「バイオアーカイブ(bioRxiv)」で発表。その3日前には人間を対象とした臨床実験を開始しています。米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のウイルス学者、クラマー氏はシノバック・バイオテックのワクチンについて「現時点で候補として挙がっているワクチンの中で初めて重大な前臨床試験データを目にした」と述べています。また、同氏はTwitterへの投稿で、このワクチンで不活化ウイルスを用いる方法は「昔からある技術」で、量産体制を整えやすいと指摘しています。

ただし、不活化ウイルスを使用したワクチンでは安定した効果を得るために追加接種が必要であり、またシノバックの開発ワクチンが「長期の予防効果」をもたらすものかどうかは現時点では不明です。また、同ワクチンの第3段階の臨床試験には、新型コロナウイルスの発症者および、これまでに感染したことのないボランティアが必要なのです。

これまでに世界で約300万人以上が感染し、20万人以上が死亡している新型コロナウイルスに対するワクチンは今のところまだ開発されていません。世界保健機関は、新型コロナウイルスのワクチン開発には1年~1年半を要するとしていますが、このワクチンが早期実用化できるのを期待しています。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ