あれこれブログ

2019.06.18

頭痛に効く足裏反射帯

皆さん、こんにちは^^
未だに梅雨入りしない大阪。今年は空梅雨なのでしょうか?
この季節、低気圧の接近に伴い頭痛が悪化する方がいます。
そこで、今回は頭痛に効く足裏反射帯
(ゾーン)のご紹介です。

頭痛は日常の中でよく起こる症状ですが、安易に考えてはいけません。くも膜下出血や脳梗塞など、重大な病気の前兆である可能性があるからです。もし激しい痛みやひどい吐き気をともなうようなら、病院を必ず受診してください。

このような重大な場合を除いても、頭痛の原因は様々です。歯痛や過労などのほか、度数の合わないめがねが原因になることもありますし、サイズの合っていない靴を履いて、足の親指や小指が圧迫されると頭痛が起こることがあります。また「頭痛の種」という言葉があるように、心配事や悩み事などの心労によっても起こります。

頭痛に効く反射帯(ゾーン)は「頭部」「側頭」「首」の三つです。「頭部」は足の親指の腹、「側頭」は親指の腹の左側で人差し指と接している部分、「首」は親指の付け根にあります。 頭の片側がズキズキと痛むような場合は、「側頭」のゾーンを念入りにもみほぐしてください。
もみほぐし方を説明します。足裏もみは右足から行ってくださいね。
1.側頭ゾーン 人差し指の第2関節の角の親指側で、もみほぐします。
2.頭部ゾーン 両手の親指の先で交互に押します。
3.首ゾーン 人差し指の第2関節の角で外側へ向けてこすります。
これを左足も同じようにやってください。
ときどき足裏をもんでいるという人でも、足の指まで、意識してもみほぐしている人はあまりいないのではないでしょうか。まずは、各ゾーンの区別をあまり厳密に考えず、親指全体をもんでみるとよいでしょう。リラックスできるはずです。

映画やドラマなどで、悩み事を持っている人が部屋の中をぐるぐると歩き回っているシーンがあります。これには理由があり、東洋医学では「人間は足を使うと頭の重いものが軽くなる」と言われています。頭痛のある人には、ウォーキングもオススメです。
頭痛は慢性化しやすいものです。まだ軽いうちに、日頃から足裏の刺激を行うことで慢性化を防ぎましょう。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

是非、試してくださいね。

  • 2019.06.19 08:38
  • 村田クリニック

こんばんわ
私も時々頭痛がしますので、足裏マッサージしてみます
歯いたもあると思います。
有難う御座いました。

  • 2019.06.18 20:48
  • 丸山日出子

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ