あれこれブログ

2019.03.07

花粉症の子供

皆さん、こんにちは^^
2月もあっという間に終わり、3月もすでに1週間が過ぎました。
今年になっても月日が経つのは早いですね。
さて、本日は子供の花粉症が増えている話題です。

近年、花粉症と診断される子供が増えています。東京都の2016年度の調査では、0~14歳の40.3%が花粉症と推定され、全世代の48.8%と大差がありませんでした。1996年度の調査では8.7%、2006年度は26.3%でした。
都は、飛散量が増える樹齢30年以上の木が増えたことや、食物アレルギーを持つ乳幼児が増えた結果、同じメカニズムで花粉症を併発するケースが増えたことが要因とみています。

日本医科大学の大久保公裕教授は「食生活は欧米化が進んだ。保存料などの添加物が入った食品も多く、アレルギーが発症しやすい体質となった」と話しています。また同氏は「まずはマスクやメガネなどでセルフケアを徹底してほしい」とも。花粉用マスクを着用すると、吸い込む花粉の量を6分の1ほどに減らせるといわれています。

日本気象協会によると、近畿地方の飛散量は、ヒノキ花粉が前年と同程度(100%)で、例年よりはやや多い(110%)予想です。大阪では3月上旬がスギ花粉、4月上旬がヒノキ花粉の最盛期です。協会の担当者は「暖かく、風が強い日は、特に大量飛散に注意してほしい」と呼びかけています。

「花粉症の薬を飲むと眠気が来るから飲みたくない」と言われる方もおられますが、医薬は進歩しています。最近出た抗アレルギー薬の1つは、殆ど眠気の副作用がありませんが、効き目は早期からばっちりです。花粉症で困られているなら、早めに受診してくださいね。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ