あれこれブログ

2019.08.06

ペットボトルで熱中症対策

皆さん、こんにちは^^
8月に入って一層暑さが増してきていますが、熱中症対策は十分でしょか?
本日開幕した甲子園で新たな熱中症対策がされているようなので、ご紹介します。

日本高校野球連盟と朝日新聞社は8月1日、本日開幕の第101回全国高校野球選手権大会から実施する暑さ対策を発表しました。冷たい水が入ったペットボトルで手のひらを冷やす方法で、深部体温の上昇を防ぎ、熱中症を予防するのが狙いのようです。

15度前後の冷水で冷やしたペットボトルを、ベンチ内に用意し、選手がベンチに下がった際に、ペットボトルを手のひらで転がしたり握ったりして冷やすのです。冷たすぎると逆に体温が上昇する可能性があるため、温度管理ができるようにペットボトルを浸す水の温度を測る温度計も設置するそうです。

実施を決めるにあたり、7月に大学野球部の協力を得て、効果を検証しています。手のひらを冷やさずに運動した選手に比べ、冷やした選手の方が、体温の上昇を抑えられる傾向が見られたといいます。ただ、地方大会で導入しなかったため、参加校には実施を強制しない予定だそうです。

日本高野連は7月、甲子園大会で選手の体調管理をサポートする理学療法士とともに、手のひらを冷やすことの効果を確かめました。実験に参加したのは大学生の投手と捕手。イニング間を想定し、20球を投げてから5~10分ずつ、腕や手を冷やしました。冷水が入ったペットボトルを手のひらで転がしたり、15度前後の冷水にグラブ側の腕をつけたりする方法で、体温の変化や、投球への影響を見たのです。
その結果、冷却をしなかった選手に比べ、冷やした選手の多くで体温の上昇が抑えられました。なかでも、ペットボトルで手のひらを冷やす方法は、「手軽で、投球にも影響はない」などの肯定的な意見が多かったといいます。
一方、13度ほどに下がった水に、腕から指先まで冷やした選手の一部は、逆に体温が上昇したり、冷やした方の手が重く感じたりするような例がありました。

日本高野連の田名部和裕理事は「熱中症対策は待ったなしで、甲子園での事故は絶対にあってはならない。これからも効果が期待できる方法を探り、どんどん試していきたい」と話しています。

手軽にできそうですね。特に外でスポーツをする方は是非お試しください。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

フィード

医療法人富寿会 村田クリニック

住所
〒547-0043
大阪市平野区平野東1-8-29
連絡先
TEL 06-6791-1524
診察時間
9:00~12:00  17:00~19:00
※水・土の夜診、日・祝は休診
最寄り駅
JR加美駅、平野駅から徒歩約11分

村田クリニック 地図
GoogleMapはこちらへ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ