あれこれブログ

2018.10.22

魚と大動脈疾患

皆さん、こんにちは^^
突然ですが、さんまの美味しい季節ですよね。
今回は、そんな魚と大動脈疾患のお話です。

国立がん研究センターは、魚をほとんど食べない人で大動脈疾患(大動脈解離・大動脈瘤)による死亡が増加することを世界で初めて明らかにしたと発表しました。

大動脈疾患は、かつては日本での死亡率は高くありませんでしたが、高齢化に伴って近年やや増加しています。大動脈瘤が破裂、解離すると、医療が進んだ現代でも急速に死に至ることが多く、予防が重要です。同疾患は主に動脈硬化が基盤として生じることから、心筋梗塞と同様に魚に予防効果があると考えられていました。しかし、がんや脳卒中などに比べると症例が少なく、科学的エビデンスはほとんどありませんでした。

研究グループは、日本の8つの大規模研究から36万人以上を統合した解析を行い、日本人における魚摂取頻度と大動脈疾患死亡リスクとの関連を分析しました。それぞれの研究で使用している食習慣アンケート調査結果から、魚摂取頻度を、ほとんど食べない、月1~2回、週1~2回、週3~4回、ほとんど毎日の5つの群に分けました。循環器疾患の主なリスク要因を統計学的に調整した上で、ほとんど食べない群に対する他の群の大動脈疾患死亡リスクを算出し、その後、全ての結果を統合しました。

その結果、魚を週1~2回食べる群と比べ、ほとんど食べない群では、大動脈解離で死亡するリスクが2.5倍、大動脈瘤で2.0倍、これらをあわせた大動脈疾患全体では1.9倍高くなりました。一方、月に1~2回食べる群では、魚を週1~2回食べる群と比べて大動脈解離で死亡するリスクの上昇は見られませんでしたが、大動脈瘤で1.9倍とややリスクが上昇する傾向が見られました。また、週3~4回食べる群、ほとんど毎日食べる群では、リスクの大きさは変わらなかったようです。

今回の研究では、魚をほとんど食べないような非常に摂取頻度が少ない場合に、大動脈疾患で死亡するリスクが上がり、魚を摂取する機会が少なくとも月1~2回あれば、大動脈疾患で死亡するリスクは高くならないことが判明しました。このことから、魚の摂取が極端に少なくならないことが大動脈疾患死亡を予防するために重要だと考えられます。なお、魚の高摂取は心筋梗塞のリスクを低下させることがわかっているため、摂取が極端に少なくならないよう気をつけるだけでなく、より多く摂取していくことが循環器疾患予防につながると考えられます。

魚を全く食べない人は殆どいないと思いますが、2週間に1回は最低でも魚を食べる習慣を身に着けてくださいね。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ