あれこれブログ

2017.06.30

空腹時、お腹が鳴る理由

皆さん、こんにちは^^
本日で6月も終わり。ということは、今年も半分が終わる計算です。
ついこのあいだ、お正月だった気がしますが、本当に早いものです。
さて、今回はトレビア的なお腹の音のお話です。

会議中や授業中におなかが鳴ると、ちょっと恥ずかしいですよね。では、空腹になると、なぜ音が出るのでしょうか?
口に入れた食べ物は食道を通って胃、十二指腸に入り消化され、小腸で吸収されます。一般的に胃から食べ物が出ていくのに3、4時間かかります。胃の中がほぼ空っぽになると、周期的に胃の収縮運動が始まり、小腸にその動きが伝わっていきます。この時に、消化しきれなかった食べ物のかすや水分、空気がかき回されて、空気が振動します。これが「グー」という音になるのです。

この空腹時の収縮運動は、十二指腸のモチリンというホルモンが関係しているとされています。詳しい仕組みはわかっていませんが、分泌されると運動が始まり、胃腸の中に残っているものを絞り出すように排出させようとします。音が鳴っている時は、胃腸をきれいにするための掃除が行われているというわけなのです。

音には個人差があり、「グー」、「ゴゴゴ」、「キュルキュル」など様々。収縮する部分や空気の量などで変わります。こうした胃腸の運動は緊張すると低下しますが、自分で意識的にコントロールして音を止めることはできません。
厄介に思うかもしれませんが健康の証しなのです。気にしすぎないようにしましょう。

むしろ音が鳴らない食生活のほうが注意が必要です。間食をし続けたり、就寝前に食事をしたりすると、胃は常に食べ物で満たされ掃除をする間もない状態。結果的にカロリーオーバーとなり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクも高まるので要注意ですよ。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ