あれこれブログ

2018.02.19.

インフルに新薬

皆さん、こんにちは^^
全国的にインフルエンザの発生もやや少なくなってきましたが、当クリニックでも1日2~5人は出ています。
さて、今日の話題は、インフルエンザに対する新薬のお話です。

なんと1回飲むだけの新たなインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」が5月にも発売される見通しとなりました。
ウイルスの増殖を抑えるこれまでになかったタイプ。塩野義製薬が開発しました。従来の薬に耐性を持ち、効きにくくなった人にも効果が期待されています。順調にいけば3月に承認され、5月にも薬価が決まり発売される予定です。なので、残念ながら今期のインフルエンザには使えません。

A型、B型のインフルエンザウイルス感染症が対象で、年齢や体重によって異なる量の錠剤を1回飲むだけ。成人の場合、1日2回、5日間飲み続けるタミフルなどと比べて使いやすいのが特徴です。塩野義製薬によると、既存薬よりも他人にウイルスを感染させるリスクを減らせると期待されているそうです。

国内でよく使われるタミフルなどの4種のインフル薬は、細胞内で増殖したウイルスが細胞外に広がるのを抑えます。このタイプの薬が効かない耐性ウイルスが流行した時に、ゾフルーザは効果を発揮しそうです。実際に、10年前には、欧州でタミフルに耐性のあるウイルスが登場し世界中に広まりました。4年前には、札幌市内の患者から、タミフルなどが効きにくいウイルスが検出されています。

しかし、なんとタイミングの悪い発売なのでしょうか。。。
あと、半年発売が早ければ、大活躍したでしょうに。

2018.02.13.

20年ぶりの、、、

皆さん、こんにちは^^
一般の方は3連休だったと思いますが、皆さんは如何お過ごしだったでしょうか?
私は、なんと20年ぶりにスキーに行ってまいりました!
日帰りですけどね^^

場所は、びわこバレースキー場。
ウエアも板も靴も全部レンタルしました。
手軽でいいですが、皆さん考えることは一緒のようで、レンタル会場は大混雑でした。
でも、最近の板は短くて軽いですね。
私が当時使っていたのは、身長プラス10cmの木製でしたから重たかったのなんのって。

強風はありましたが、天気にはまずまず恵まれました。
最初は恐る恐るボーゲンから。
そして、プルークボーゲン。
そしてそして、パラレルへ。
なんとなんと出来るじゃないですか!
初心者コースから、中級者コースへ。
休憩後は、上級者コースへも。楽勝!って感じでした!

そして、山頂からは琵琶湖が目の前に広がって、とっても綺麗でした。
琵琶湖見たの始めてかもです。↓こんな感じでした。
びわこバレースキー場

しかし、歳には勝てず、帰ってから猛烈な筋肉痛に襲われました。脚が棒とはこのことかっ!
ちょっと張り切りすぎた感じでしょうか。。。
湿布は張りましたが、今日の診察で立ったり座ったり、辛かったっす。

2018.02.02.

BAD NEWS !!

皆さん、こんにちは^^
ついこのあいだ正月だったかと思えば、あっという間に1月が終わり、早くも2月がスタート。
とにかく月日が経つのが速い。これも歳のせいでしょうか。。。
最近、インフルエンザの話題が多くなっていますが、インフルエンザの更なるBAD NEWSをお届けします。

日本ではインフルエンザ患者がさらに増え続けていますが、米国でもインフルエンザの大流行が続いており、さらに悪いニュースが発表されました。
これまで、インフルエンザの主な感染経路は感染者のくしゃみや咳で飛び散ったウイルスを含むしぶきを吸い込むことで感染する「飛沫感染」か、ウイルスが付着したものを触ることで感染する「接触感染」のいずれかだと考えられていました。しかし、感染者が呼吸するだけでウイルスが周りに拡散し、同じ部屋にいる人に感染する「空気感染」も予想以上に起こりやすいことが新たな研究で示唆されたのです。

この研究を実施したのは米メリーランド大学環境衛生学教授ら。同氏らは今回、インフルエンザ患者142人に協力してもらい、発症から1~3日目に、①いつも通り呼吸しているとき、②話しているとき、③咳をしたとき、④くしゃみをしたときの呼気サンプル(計218サンプル)を集め、分析しました。

遺伝子検査の結果、咳が出ていない状態で採取された呼気サンプル(23サンプル)のなんと48%(11サンプル)でインフルエンザウイルスが検出されました。また、感染力を有するインフルエンザウイルスの量を測定したところ、これら11サンプルのうち8サンプルで感染力のあるウイルスが確認されました。このことから、咳が出なくてもインフルエンザウイルスの含まれるエアロゾル(空気中に浮遊する粒子)は発生しうることが示唆されたのです。
さらに、くしゃみが数回出た場合も呼気サンプル中
のウイルス量に変化はなかったことから、くしゃみによる影響もこれまで考えられていたほど大きくはないことが示されました。

同氏は、「咳やくしゃみをしなくても、インフルエンザ患者が呼吸するだけで周囲の空気にウイルスが放出されることが分かった。したがって、インフルエンザに感染した人が職場に現れた場合には、周囲への感染を防ぐため職場にとどまらせず、すぐに帰宅してもらうべきだ」と強調しています。

一般的に、頻繁に手洗いをし、咳をしている人に近づかないようにするといった対策は、インフルエンザの感染リスクを低下させる上で一定の効果があるはずですが、患者が呼吸するだけでインフルエンザウイルスが飛び散ってしまうのであれば、これらの対策だけでは完全に感染から身を守ることはできない事になってしまいます。

いったい私達はどうしたらよいのでしょうか?(きっと、運を天に任せるしかないのでしょう。。。)

ページの先頭へ