あれこれブログ

2017.12.11.

院長のボヤキ「こいつはアカン」①

皆さん、こんにちは^^
寒い季節となってきました。12月末の寒さだそうです。
今回は、新シリーズ(になるかどうか分かりませんが)の「院長のボヤキ」をお届けします。
ボヤキなので丁寧語は使いませんので、あしからず。ボヤキ、スタート!

日馬富士が書類送検された。大相撲が大変だ。私は別に相撲ファンではないが、あまりに連日報道されるので、日馬富士騒動をぼーっと眺めている。で、最初の報道からずっと思っていることがある。

「こいつはアカンわ。。。」

まずは、やった側の日馬富士である。彼はアカンというよりもイカン(アカンよりもっとダメ)。いくら指導だとはいえ、武器を持って傷を負わせたらイカン。言うまでもないが、傷害罪で起訴されて、有罪になれば刑罰を受けることになる。ただ今回、日馬富士は問題の責任をとって、横綱を引退し、力士も辞めるわけだから、社会的な制裁を充分に受けていると言える。
医学界であれば、大学教授
を辞めただけでなく、医師免許も剥奪されるに等しいわけで、社会的制裁としては十分でだろう。

では、やられた側の貴ノ岩はどうか。報道によれば、飲み会で先輩であり横綱の忠告を聞かなかったとされているが、もしそれが本当なら、後輩力士としてはイカンということになるだろう。ただその分、かなり痛い目に遭わされている。ある意味、十分すぎる指導を受けたと言えるだろう。

となると、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方はどうか。一般の人間には、日本相撲協会の力関係とか、内部事情は分からない。本当に相撲協会に闇の部分があるのなら、大いに戦えばいい。声を上げればいい。なのに、無言なのはイカン。
それに、弟子である貴ノ岩の教育、指導が本当に行き届いていたのかにも疑問が残る。他の部
屋の先輩力士に指導されるようでは、イカンのではないか。医学界であれば、外科の教授が、他科である内科の医局員をつかまえて怒鳴って指導するのはよほどのことだ。

ボヤキ、第一部終了。
では、「こいつはアカン」の「こいつ」とは誰なのでしょうか?次回をお楽しみに!

2017.12.05.

インフルBがこの時期に

皆さん、こんにちは^^
今日から今年最大級の寒波で寒いです!
北風も厳しく、最高気温も10℃に達しませんでした。
先日、インフルAが今季初めて検出されましたと報告しましたが、今度は、、、

一人の中年男性の方が、昨夜37.5℃の発熱と風邪症状で来院されました。
喉は真っ赤ですが、呼吸音は異常ありませんでした。
通常であれば、「風邪」として薬を処方するのですが、その男性の方が、
「会社でインフルエンザの方が出たんです。」
とポツリ。まさかとは思いましたが、「一応調べてみましょう。」とお答えしました。
そして、待つこと15分。
なんと、なんと、インフルエンザB型だったのです。
通常、インフルBはインフル流行時期の後半で出てくることが多いのですが、こんなに早く検出されるのは初体験です。

男性が来られたのが、昨日。
そして本日、ある女性の方が発熱なしの風邪症状で来院されました。
喉はそこそこ赤いですが、呼吸音正常。
「風邪」として、薬を処方しようとすると、
「昨日インフルBになった男性の家内です。」
とポツリ。まさかとは思いましたが、「一応調べてみましょう。」とお答えしました。
そして、待つこと15分。
なんと、なんと、なんと、インフルエンザB型だったのです。

発熱もなくインフルが出るなら、全例にインフル検査が必要ということでしょうか?
しかも、まだ12月初旬というのに。
何かがおかしい今年のインフルエンザなのでした。

2017.12.01.

今季初のインフル検出

皆さん、こんにちは^^
今年もあと1か月になりました。師も走る師走です。
今年もあっという間ですね。
さて、今日の話題はインフルエンザについてです。

インフルエンザが全国的に流行期入りしました。11月26日までの1週間で全国の定点医療機関を受診した患者数は7280人で、定点当たり1.47人(速報値)となり、流行開始の目安とされる「1人」を超えたのです。昨シーズンより1週遅れでした。
各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報)を見ると、11月30日時点の集計で、少なくとも17都県が全域で流行期入りしました。
最も患者数が多いのは沖縄県で、定点当たり4.88人でした。愛媛県が3.40人、石川県が3.08人、宮城県が2.78人と続いています。第47週に初めて流行期入りした自治体は関東地区に多く、栃木県が2.55人、千葉県が1.45人、東京都が1.86人、神奈川県も1.86人と増加しました。
しかも、東京都のデータによると、患者の6割近くが9歳以下の子どもとなっています。

ということで、いよいよインフルエンザの季節ですが、当クリニックでも今季初のインフルエンザが昨日検出されました。
16歳の男性で、前夜に39度の発熱と、鼻水、咳、関節痛にて来院されました。
結果としてはインフルエンザA型でした。昨年より13日遅い検出です。

当クリニックでは、インフルエンザ診断に高感度迅速診断検査機器『富士ドライケム IMMUNO AG1』を導入しています。最新の技術で検出感度を飛躍的に向上させ、少ないウイルス量でも検出できるので、発症後4時間から判定が可能です。症状がある場合には、出来るだけ早く受診するようにして下さい。

2017.11.27.

クリスマス装飾完成

皆さん、こんにちは^^
本日は穏やかな日差しで結構暖かい日でした。
昨日も風がなく、底冷えもなかったので、毎年恒例のクリスマスの飾りつけを行いました。
今年はかなりバージョンアップしました。
なかなかの出来だと自画自賛しております。
しかし、4年目の装飾なので、LEDの不具合が出始めて、1年目から使っているものは球切れがかなり発生していました。
点灯させて分かったので、今年は我慢しましょう。
来年は買い替えですね。

クリスマス装飾

2017.11.21.

院長のお気に入りVol.20 竹カレー

皆さん、こんにちは^^
今年も残すところ、6週間を切りました。
いつも言いますが、本当に早いですね。。。
そして、冬将軍がやってきて、各地で初雪の便りも聞かれます。
しっかりと体調管理していきましょう!
さて、久々の院長のお気に入りです。

さて、今回のお気に入りは、「竹カレー」さん。
平野で一般的なカレーといえば、ココ壱番くらいしかなかったのですが、なんと美味しいカレー屋さんを見つけました。
実はこのお店は二毛作をしていて、昼はカレー屋さん(ほっこり屋 竹カレー)で、夜は串揚げを中心とした居酒屋さん(ほっこり酒場 ハマちゃん)なのです。
場所は、クリニックから25号線に出て、東に進むパチンコBUN・EIがありますが、そこを左に曲がって右手にあります。(昔の蘭蘭のお隣です。)

メニューは、載っている通りですが、実はメニューに載っていない裏メニューがあるのです。それが「カレーつけ麺」(写真右下)なのです。これが、なかなかいけるのです。麺の大盛りも無料です。そして、カレーつけ汁が残ったら、ライスも無料で投入できるのです!
辛さも普通から5辛までメニューの通り出来るのですが、実はお願いするともっともっと辛くしてくれます。私はいつも5辛ですが、汗だくになりながら食べています。
どれを食べてもただ辛いだけでなく、コクがあって、深い味わいがします。是非、一度食べてみてください。癖になるカレーです。

営業時間は11時半から3時まで(だったはず)。土日も営業されてますが、水曜日がお休みです。

竹カレー
写真左上:お店、左下:メニュー、中上:チキンカレー、中下:石焼きカレー、右上:石焼きリゾット、右下:カレーつけ麺

2017.11.13.

その一口が豚になる

皆さん、こんにちは^^
本日は晴天ですが、明日は雨。そして、一雨ごとに冬が近づいてくるようです。
急な気温の低下は身体にもこたえるので、しっかり防寒してくださいね。
さて、本日の話題はついつい食べてしまうことへの対策です。

太っている人に対して、
「その『つい』を止めなさい!」
「食べなきゃ痩せる。もっと意志を強く持たないと…」
「その一口が豚になる。残す勇気を持ちなさい!」
などと注意していませんか?

「つい食べてしまう」という人の心理として「健康のために、食べ過ぎることはよくない」という認識はあるのですが、目の前に自分の好きな物や残り物があると「味見をしておかないと」、「捨てるのがもったいないから」などの意識が働いて、「つい食べてしまう」という行動に移ってしまうようです。

太っていない人が空腹になると食べる物を探して食べはじめ、満腹になると食べ終わります。ところが、太っている人は、空腹ではないのに眼の前においしそうな外的刺激があると食べはじめることが知られています。これを「外発的摂食」といいます。そして、ある程度、お腹がいっぱいになっても食べ終わりません。お皿の中の食べる物がなくなるまで、食べる傾向があります。

機能的MRIなどを用いた脳科学で、肥満者は目の前に自分の好物があると、視覚野で食品を認識した後、前頭前野に信号を伝えているそうです。もしかすると、「早く食べなさい」というシグナルを伝え、その結果、反射的に「つい手が出てしまう」という行動になっているのかもしれません。そういった患者さんには「意志を強く持て!」ではなく、その外的刺激を減らす作戦を立てていくほうがよいのかもしれません。これを「刺激統制法」と呼びます。

これらの肥満者の心理を知ったところで、「つい食べてしまう」という人には、「その一口が、、、」ではなく、「目の前から食べ物をなくしましょう」とアドバイスしてみてはいかがでしょうか?

2017.11.07.

サザエさん症候群

皆さん、こんにちは^^
11月になって今年もあと2か月と思っていたら、11月も既に1週間終わってしましました。
何と早いんでしょうか。
このペースだとあっという間に今年も終わりそうです。
さて、本日の話題は、皆さんも良くご存じの「サザエさん」に関する情報です。

おそらく「サザエさん」を知らない方はおられないと思いますが、「サザエさん症候群」という言葉をご存知でしょうか?
サザエさんのように歳をとらないとか、かつお君がいつまでも小学生というような意味ではありません。

正式な病名ではありませんが、「サザエさん症候群」は心療内科や精神科では一定の認知度がある概念です(おそらく)。これは、日曜日の夕方、「サザエさん」が始まる頃になると気分が憂欝になるというものです。明日から仕事や学校が始まるというプレッシャーに由来する、軽い抑うつ状態と考えられます。海外では、「Blue Monday」と呼ばれています。

今回の研究によれば、月曜日の自殺率が全年齢層の男性で高いことがわかりました。そして火曜日、水曜日と進むにつれて、この比は減衰していくこともわかりました。また、生産年齢層と呼ばれる脂の乗り切った男性で自殺率が高いこともわかりました。働いているので、ストレスを感じることも多いわけですから。

一方、女性の場合、就労している層が男性ほど多くないからか、曜日ごとの差はみられなかったようです。 また、男女ともに休日、祝日における自殺は少なかったようです。

やはりネックは月曜日ですね。サザエさん症候群かもと自覚している人は、月曜日は注意して出勤するようにしましょう。また、病的だと思うならば早めにしかるべき医療機関へ相談するようにしてください。

そして、日曜日の夕方にサザエさんを見ないことが大事なのかもしれません。(こんなこと書いたらテレビ局に怒られるかも、、、)

2017.10.26.

肥満の原因

皆さん、こんにちは^^
久しぶりの秋晴れで、気持ちの良い気候です。
しかし、先週末に台風21号が通過したと思えば、今週末も台風22号。
21号で被害にあわれた地方は、またまた脅威にさらされますね。
大和川が氾濫しないように祈っております。
さて、本日の話題は、興味津々の肥満に関する話題です。

脳の摂食中枢で働き、肥満の原因となる酵素を特定したと、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが発表しました。
この酵素は血糖値を下げるインスリンの働きも阻害しているといい、同研究所の野田教授は「酵素の働きを抑制する薬が開発できれば、肥満と糖尿病を改善できる」と期待しています。

チームによると、体内では、脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンが摂食中枢に作用して食べる量を調整していますが、肥満の人では必ずしも食べる量が抑えられていないのです。レプチンが働きにくくなっているためですが、その仕組みは分かっていませんでした。チームは、摂食中枢にある神経細胞の表面で働き、さまざまな情報伝達に関わる酵素に着目。PTPRJという酵素の一種がレプチンの働きを抑えていることを見つけたのです。

正常なマウスとPTPRJを持たないマウスに14週間、高脂肪食を与えて肥満状態にさせた後、レプチンを1週間続けて投与。正常なマウスではほとんど変化がありませんでしたが、PTPRJがないマウスでは食べる量が約半分になり、体重も約20%減りました。つまり、レプチンの働きがPTPRJで阻害されなかったためとみられています。

まだ、マウスの実験段階ですし、実際に人間に有効かどうかは分かりませんが、近い将来食欲を抑える新しいダイエットの薬やサプリが出来るかもしれませんね。

2017.10.19.

今年のインフルは早い

皆さん、こんにちは^^
最近、急激に気温が下がって、11月下旬から12月の気温になってきました。
しかも、今回は秋雨前線の停滞と台風の影響で、長雨にもなりそうですね。
先日、インフルエンザのワクチンが不足しているという話題を書きましたが、当クリニックでも確保に必死です。
是非、早めの接種を再度お願いします。
さて、今回の話題もインフルエンザ関連です。

もう1か月以上前の9月5日、都内の小学校で今シーズン初となる、インフルエンザによる学級閉鎖のニュースがありました。例年より2か月も早い出来事です。また、この時点で、定点あたり報告数の総数は899人で昨年同期の約3.5倍、保育所・幼稚園・学校での患者報告数は137人で昨年同期の約5.7倍となり、今季は例年より流行が早まる傾向がみられています。

9月下旬に暑さが戻ったこともあり、やや落ち着きを取り戻していますが、10月1週の報告では患者数は1,000人を超えており、都道府県別にみると、沖縄333人、大阪88人、神奈川68人、東京54人、愛知43人となっています。当クリニックではまだ出ていませんが、なんと大阪は全国2位なのです。また、10月2~8日の休校、学年閉鎖、学級閉鎖の数も19校を数えています。

定点当たりの報告数は0.21人(1人以上で流行開始、10人以上で注意報、30人以上で警報となります)なので、まだ本格的な流行ではありませんが、上記のように立ち上がりが早いだけに、一気に流行に突入する可能性もあります。
また、このところ急激に気温が下がってきているので、体調を崩しやすい気候ですし、ウイルスにとっても低温は絶好の繁殖条件になります。ありきたりですが、うがい、手洗い、マスク着用を徹底し、ワクチンも早めに接種しましょう。

2017.10.13.

インフルワクチン不足

皆さん、こんにちは^^
昨日まで30度近くあったのに、今日から全国的に冷え込むようです。
急な温度変化で、体調を崩す方も多くいらっしゃるので、気を付けましょう!
さて、今回の話題は、先日開始したインフルエンザワクチンの話題です。

インフルエンザが例年よりも早く流行する兆しが出ている中、一部の地域でワクチン接種の予約ができない事態が起きています。厚生労働省が今年度のワクチン製造量について、昨年度の使用量を下回ることを公表した後、医療機関から卸売販売業者への発注が急増したとみられ、入手できなかったり、例年並みの数量を確保できなかったりする医療機関が相次いでいます。

その原因は、インフルエンザHAワクチンの2017年度製造株は5月時点でA/埼玉/103/2014(CEXP002)が選定されていましたが、同株の増殖効率が昨シーズンのワクチン株と比較して約3分の1と著しく悪かったため、A/香港/4801/2014(X-263)に変更。株の変更によりワクチンの製造開始が遅れたことで、製造量不足が生じたとみられています。

厚労省によると、今年度の予想製造量は2528万本。2010年度以降で最少の製造量となった昨年度よりも250万本以上減る見通しで、昨年度の使用量よりも114万本少なくなっています。厚労省は「昨シーズンと同等程度の接種者数を確保できる見込み」としていますが、ワクチンの供給が滞り、入手が困難な地域が増えつつあります。

当クリニックも例年10月1日からワクチンの接種を開始していますが、入手が遅れたため10日からの開始となりました。これからワクチン接種が本格化しますが、こうした地域の医療機関の担当者は「ワクチンを確保できず、いつから予約ができるようになるのか分からない」「確保できた本数が例年より少ない。しばらく入手できそうもない」と悲観的です。

全国的に昨年より早く患者報告数が増えており、すでに流行期に入った地域も出てきまいした。厚労省は都道府県などに対し、卸売販売業者と医療機関の在庫状況を3日間程度で把握できる体制の構築を要望しています。また、医療機関に対しても、昨年の使用実績を上回らないようにすることに加え、「必要以上に早期の、または多量の納入を求める予約・注文を行う行為は厳に慎むこと」としています。

当クリニックでも例年は1月31日まで接種していましたが、このシーズンは最後までワクチンを確保できるか分からない状況です。
出来るだけ、早めの接種をお願いします。

  1 / 25  次のページへ
ページの先頭へ