あれこれブログ

2018.04.14.

はしかにご用心

皆さん、こんにちは^^
今日の夜から明日にかけて、春の嵐のようなので、十分注意してくださいね。
さて、本日の話題は、「はしか」です。

沖縄県ではしか(麻疹)の感染が広がっているのです。10日時点で患者は計38人にも上っています。
国内のはしかは予防接種の普及で「排除状態」とされていますが、今回は台湾からの旅行者が感染源の「輸入はしか」でした。旅行者から感染した人から、さらにうつる「三次感染」とみられる患者も出始めています。専門家は「訪日客が増える中、日本のどこでも起きうる」と警鐘を鳴らしています。

沖縄県地域保健課によると、最初に感染が確認されたのは3月下旬。台湾から旅行でやってきた30代男性が19日に発疹などの症状で県内の医療機関を受診。検査の結果、20日にはしかとわかりました。男性は17日から3日間、県内を旅行しており、立ち寄った商業施設や飲食店の従業員や客を中心に感染が広がった模様。

県内で患者が出たのは4年ぶり、感染者数が2桁に上ったのは10年ぶりです。4月7日以降は、旅行者の男性からうつった「二次感染」の患者から、さらに家庭内や職場でうつったとみられる「三次感染」の疑いのある患者も出始めています。

はしかは40度前後の高熱や発疹が出るウイルス性の感染症。空気、飛沫(ひまつ)、接触で感染し、死亡例もあります。かつては国内でも年間10万~20万人の患者がいたとみられています。2006年にワクチンの定期接種が1回から、1歳と就学前の2回に増え、15年に流行を抑え込む「排除」を達成しました。

しかし、今回のように海外からの渡航者や帰国者がウイルスを持ち込む可能性が十分あるのです。昨年もインドネシアから帰国後に山形県内を訪れた男性がはしかを発症。県外にも広がり50人超の感染者が出ました。沖縄では、38人の患者のうち12人はワクチンの接種歴が「なし」あるいは「1回」、23人は打った記憶がないなど接種歴が「不明」でした。

今後県外へ感染が拡大する可能性もあり、沖縄県は沖縄に訪問後にはしかに似た症状が出た場合は医療機関に相談するよう呼びかけています。感染症に詳しい岡部氏(川崎市健康安全研究所長)は「沖縄の例をひとごとと思わず、ワクチンの2回接種で自分の身を守り、他の人へ感染を広げないようにして欲しい」と話しています。

卒業旅行などで沖縄に行かれた方は、上記の症状があれば、早めに受診してくださいね。

2018.04.10.

ふれあいフェスタのご報告

皆さん、こんにちは^^

先日の日曜日。「第6回 医療法人富寿会&野堂東組合同イベント 平野東ふれあいフェスタ2018秋Spring」が、大事故もなく無事に終了することができました。(置き引きがあったのは残念でした)
当日は天気には恵まれましたが、風が強く、気温もあまり上がらなかったので、集客を心配しておりましたが、近隣のお子さまやお年寄りの方々も含めて、多くのご家族さまに立ち寄っていただき、非常に盛り上がり、大成功だったと思います!
チアリーディング、常磐会の吹奏楽、ジャグリング、フラダンス、マジックショウ、バルーンアート、パンチボールなど各企画イベントも盛況でした。
また、今回もミニチュアホースの「かんしゃ」ちゃんが来てくれ、普段触れ合うことのないお子さまも大変喜んでおられました。予約には大行列ができていました。
そして、富寿会が用意したポップコーン、綿菓子も、野堂東組さんが用意した焼き鳥やアルコールも、はまださんが用意したたこ焼も、きむらさんか用意した牛BBQも全て完売となりました。今回のイベントも、野堂東組と平野公園愛護会、はまださん、きむらさん等の皆さまのご協力のお蔭と感謝しております。本当にありがとうございました。

今回は、老健側と公園側に初めて分散して企画いたしました。
そのため、今まで経験しなかったようなトラブルもあり、色々と勉強させていただきました。その点を考慮して、来春のふれあいフェスタはもっともっといいものにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願いします。

今回のイベントの写真については、また後日アップしますので、お楽しみに! 

2018.04.06.

初体験

皆さん、こんにちは^^
日曜日はフェスタですが、何とかお天気は回復しそうです。
やはり、日頃の行いでしょうか^^
ポスター以外にも、いろいろな方が参加される予定なので、最新情報は
平野東ふれあいフェスタ公式facebookでご確認ください。
さて、今回の話題は初体験のお話です。

初体験といえば何となく意味深な言葉に聞こえますが、、、
真面目なお話です。

3月27日頃から左前胸部に3か所、プツッとした(何かに噛まれたような)小水疱で周りが赤くて、痒みを感じていました。その前の週末に公園に行ったので、何か虫にでも噛まれたのかなと思い、それなりの軟膏を塗っていたのです。
通常であれば、2~3日で軽快したり、治癒したりするのですが、なかなか治りません。
おかしいなと思いながらも同様の治療を続けていると、4月2日の風呂上りに見つけてしまったのです。更に背部にかけて同様の赤い湿疹様のものが更に3か所出現しているのを。

私は確定診断を下しました。その診断は、
帯状疱疹
さっそく抗ウイルス薬の内服を開始しました。
更に、4月4日からは、シャツが擦れるとピリピリとした痛みが出現しました。そして、時間がたつとその赤くなった部位に沿った肋間神経に鈍い痛みを感じるようになりました。
またまた確定診断が下りました。
帯状疱疹後神経痛
ということで、リリカという薬も開始しました。帯状疱疹後となっていますが、帯状疱疹が完治する前に痛みを感じたらできるだけ早く内服を開始した方が、痛みが残りにくいと言われているのです。
この帯状疱疹後神経痛は、非常に厄介で、長い方だと1年位長引くこともあるのです。

帯状疱疹は、子供の時にかかった水疱瘡のウイルスが神経節に潜伏しつづけ、大人になってストレスや過労によって免疫力が低下するとムクムクっと起き上がって悪さをするのです。
今回は本当の早期に治療を開始したので、今のところ順調に推移していますが、放置すれば水疱が形成され、皮膚のただれ、夜も眠れないほどの痛みが出現したりするのです。
特に高齢者の方は重症化する可能性があるの、十分注意してください。

以上、私の帯状疱疹の初体験のお話でした。

2018.04.04.

シムビコートが効かない②

皆さん、こんにちは^^
本日、4月4日って何の日か知ってましたか?
おかまちゃんの日なんだそうです。
3月3日が女の子の日で、5月5日が男の子の日だからだそうです。
と、関係のない話でしたが、本日もシムビコートが効かなかったお話です。

1か月以上続く咳で来院された20歳代の男性。
呼吸音は正常、強制呼気でも呼吸音正常。
呼気NOは56と好酸球性炎症は高い状態。
アレルギー歴は特になし。
胸部レントゲンでも特に異常を認めませんでした。
はり、咳喘息の診断のもと、シムビコート等を処方し、吸入の仕方も説明し、1週間後に来院を勧めました。

そして、1週間後、その男性が来院されました。
咳の具合を聞くと「ほとんど変わりません」との返答。
???と思いましたが、同じ処方でもう2週間頑張りましょうと励ましました。
看護師さんが待合で待つ男性に薬を持っていくと、何やら話し声が。

その後、看護師さんが「先生、吸入の方法を再度説明してください」と。
???と思いましたが、いつも通り「」右に回して、左に戻してカチッと音がしたら、吸いましょう」と説明すると、その男性は「逆にしてました」と。
つまり、左に回してカチッと音がしてから、右に回して、吸っていたようです。

薬がセットされてないのですから、そりゃ効かないでしょう。
改めてデバイスの説明の重要性を感じたのでした。

その患者さんは、2週間後、だいぶ良くなりましたと来院されました。
めでたし、めでたし。

2018.03.29.

シムビコートが効かない①

皆さん、こんにちは^^
すっかり春ですね。平野公園の桜も満開です。
花見したいですね!
さて、今回は私が最も信頼している薬の一つである「シムビコート」のお話です。

風邪の後の長引く咳で来院された30歳代の女性。
以前から同様な症状を繰り返されて、色々な病院を回り、気管支喘息や逆流性食道炎や咳喘息等の診断のもと、治療されていました。
待合でもかなり咳き込まれている様子。
呼吸音は正常、強制呼気でも呼吸音正常。
呼気NOは26と微妙な数字。
アレルギー歴は花粉症かな?程度。
お薬手帳を見ると、モンテルカスト(シングレア)とシムビコートが処方されていました。

「シムビコートでよく効きませんでしたか?」と質問すると、
「ほとんど効きませんでした。先生(前医)はよく効くからって言ってたんですけど。。。」
おかしいなぁ?と思いましたが、やはり咳喘息の診断のもと、気管支を広げるテープ、アレルギーを抑える薬と、上皮を修復して痰の切れを良くする薬と、吸入のシムビコートの説明に入りました。
「帰ったらすぐ2吸入、寝る前にも2吸入、そして明日からは定期的に朝2吸入夜2吸入してください。それでも途中で咳き込むようなことがあったら、屯服として追加で吸入してください。ただし、1日8吸入までで。」と、当たり前の説明を終えると、その患者さんは、
「こんな話は一切聞いていませんでした。ただ単に、吸入してとしか聞いていませんでした。」と。

なんとも勿体ない話です。せっかくのシムビコートの特徴であるSMARTSymbicort Maintenannce & Reliever Therapy)療法の説明が一切されていなかったのです。しかも、低用量の朝1吸入夜1吸入のみ。

説明に納得されたその患者さんは、1週間後にやってきました。
「先生、とっても良くなりました!」
めでたし、めでたし。

2018.03.19.

快便のコツ

皆さん、こんにちは^^
三寒四温といいますが、春が近づいている証拠でしょうか。
フェスタまであと3週間。
お天気が気になる今日この頃です。
さて、今回の話題は、快便のコツについてです。

背筋がスッと伸びた姿勢は美しく、賢く見えます。
しかし、洋式トイレでおなかに力を入れる時は、フランスの彫刻家・ロダン作のブロンズ像「考える人」のような前傾姿勢が良いらしいのです。
その理由を明らかにしたのは大腸肛門病センター高野病院(熊本市)の副院長さん。米国の病院で、排便困難を訴える患者約50人を対象に研究したそうです。

小麦粉とバリウムで作った疑似便を排せつしてもらうと22人は背筋を伸ばした姿勢では排泄できませんでしたが、うち11人は前傾姿勢で完全に排泄できました。この検査中にエックス線写真を撮り、直腸や肛門の様子を詳細に分析した結果、前傾姿勢になると直腸から肛門につながる便の通り道が真っすぐになり、排便しやすくなることが分かったのです。副院長は「直腸の下部は、安静時は恥骨直腸筋という筋肉に引っ張られて曲がり、便が出にくくなっている。おなかに力を入れると、この筋肉が緩んで便が出やすくなる。この筋肉は前傾姿勢でも緩みやすくなることが分かった」ということです。

洋式トイレに座り、両肘を両膝の近くに置くと、ちょうど良い前傾姿勢になります。「考える人」をまねてほおづえをつく必要はありませんよ。和式トイレでは自然と前傾姿勢になりますが、洋式トイレでは意識して前傾にすることが大切なようです。

また、床にしっかりと足をつけることも重要。便器に座ると足がブラブラする子どもは、足置きの台を使うと排便しやすくなります。台は大人にも有効のようで、高野さんは「高さ15~20センチの台に足をのせて前傾すると、さらに排便しやすくなる人もいる」と語っています。
排便に違和感のある方は、是非お試しくださいね。

2018.03.12.

今年の花粉症

皆さん、こんにちは^^
今週前半は春の陽気になりそうですが、一部の方にはつらい時期でもあります。
鼻水、くしゃみ、目のかゆみ。
そうです。あの季節です。

今や日本人の国民病ともいえる「花粉症」の季節がまたやって来ました。
日本気象協会の発表によると、関東地方の一部では早くも1月23
日に花粉の飛散が確認されており、広い範囲で昨シーズンの飛散量を上回る見込みだそうです。すでに首都圏の耳鼻咽喉科には数多くの患者が訪れており、昨シーズンに比べ深刻な症状を訴えるケースも少なくありません。

その一因として考えられるのは、昨年末から今年にかけて猛威を振るったインフルエンザの影響です。
今年は患者さんの数も増えています
し、例年に比べて症状がひどい方が多いようです。インフルエンザや風邪が完治しておらず、それに伴う様々な症状を抱えているのに、間髪入れずにスギ花粉の飛散が増えてきてしまったことが理由として考えられます。免疫力が低下している時はアレルギー症状も強く出るので、タイミングが悪いとしか言いようがありません。

花粉の出所であるスギやヒノキの生育には、前年の6月から8月頃にかけての気象条件が大きく影響するとされています。その時期に気温が高く、日照時間が多く、降雨量が少ないと花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が増加するのです。日本気象協会は北海道、九州を除く広範囲で、昨シーズン比で「非常に多い」「多い」「やや多い」飛散量を予想しています。福岡はすでにスギ花粉の飛散量のピークを迎えていますが、高松、広島、大阪、名古屋は3月上旬〜中旬にピークを迎える見込みです。

ストレスが多い方や不眠が続いている方などは症状が強く出ることも多いので、よく食べ、よく眠り、よく運動をするなど、人間が基本的に必要としている行動を取ることが症状の抑制に効果的です。
そのうえで花粉の飛散予報に従い、防護していただければと思います。花粉対策に王道なしです。皆さま、ご自愛を。

2018.03.05.

更年期障害とトマトジュース

皆さん、こんにちは^^
あっという間に2月も終わり、3月ですね。
昨日は大阪も21度で、初夏を思わせる温かさでした。

また、正式には発表しますが、第6回平野東ふれあいフェスタを4月8日(日)に開催します。
詳細はまた掲載しますが、
平野東ふれあいフェスタ公式facebookもご覧ください。

さて、今回の話題は更年期障害とトマトジュースの話題です。

更年期障害は、ホルモンや自律神経のバランスが崩れることにより、ほてりや倦怠感、不眠といった症状が起こる状態です。今回の研究では、中年女性の更年期障害による症状を改善する飲み物として、トマトジュースの効果を検証しました。
今回の研究は、更年期障害の症状をひとつでも発症している93人の中年女性を対象としました。対象は、無塩のトマトジュースを8週間1日2回(1回200ml)飲み、その後の更年期障害の症状や血液検査値の変化を分析しました。

その結果、①更年期障害の症状、②不安症状、③中性脂肪値(開始時に中性脂肪の値が150mg/dl以上の女性のみ)の3指標が研究の4週間、8週間時点で、開始時と比較して統計的に有意に改善していました。
トマトジュースは、リコピンという成分が多く含まれており、動脈硬化を防ぐ可能性があることは比較的知られています。その他にも、上記のような効果もあるのかもしれません。

ただし、今回の研究は、全員がトマトジュースを飲み、その後の変化を追跡したものです。ですから今回は、トマトジュース以外の生活習慣や自然の経過が影響していることを否定できませんので、その点についても留意する必要があります。
でも、更年期かなと感じたらトマトジュースを試してみるのもいいかもしれませんね。

2018.02.19.

インフルに新薬

皆さん、こんにちは^^
全国的にインフルエンザの発生もやや少なくなってきましたが、当クリニックでも1日2~5人は出ています。
さて、今日の話題は、インフルエンザに対する新薬のお話です。

なんと1回飲むだけの新たなインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」が5月にも発売される見通しとなりました。
ウイルスの増殖を抑えるこれまでになかったタイプ。塩野義製薬が開発しました。従来の薬に耐性を持ち、効きにくくなった人にも効果が期待されています。順調にいけば3月に承認され、5月にも薬価が決まり発売される予定です。なので、残念ながら今期のインフルエンザには使えません。

A型、B型のインフルエンザウイルス感染症が対象で、年齢や体重によって異なる量の錠剤を1回飲むだけ。成人の場合、1日2回、5日間飲み続けるタミフルなどと比べて使いやすいのが特徴です。塩野義製薬によると、既存薬よりも他人にウイルスを感染させるリスクを減らせると期待されているそうです。

国内でよく使われるタミフルなどの4種のインフル薬は、細胞内で増殖したウイルスが細胞外に広がるのを抑えます。このタイプの薬が効かない耐性ウイルスが流行した時に、ゾフルーザは効果を発揮しそうです。実際に、10年前には、欧州でタミフルに耐性のあるウイルスが登場し世界中に広まりました。4年前には、札幌市内の患者から、タミフルなどが効きにくいウイルスが検出されています。

しかし、なんとタイミングの悪い発売なのでしょうか。。。
あと、半年発売が早ければ、大活躍したでしょうに。

2018.02.13.

20年ぶりの、、、

皆さん、こんにちは^^
一般の方は3連休だったと思いますが、皆さんは如何お過ごしだったでしょうか?
私は、なんと20年ぶりにスキーに行ってまいりました!
日帰りですけどね^^

場所は、びわこバレースキー場。
ウエアも板も靴も全部レンタルしました。
手軽でいいですが、皆さん考えることは一緒のようで、レンタル会場は大混雑でした。
でも、最近の板は短くて軽いですね。
私が当時使っていたのは、身長プラス10cmの木製でしたから重たかったのなんのって。

強風はありましたが、天気にはまずまず恵まれました。
最初は恐る恐るボーゲンから。
そして、プルークボーゲン。
そしてそして、パラレルへ。
なんとなんと出来るじゃないですか!
初心者コースから、中級者コースへ。
休憩後は、上級者コースへも。楽勝!って感じでした!

そして、山頂からは琵琶湖が目の前に広がって、とっても綺麗でした。
琵琶湖見たの始めてかもです。↓こんな感じでした。
びわこバレースキー場

しかし、歳には勝てず、帰ってから猛烈な筋肉痛に襲われました。脚が棒とはこのことかっ!
ちょっと張り切りすぎた感じでしょうか。。。
湿布は張りましたが、今日の診察で立ったり座ったり、辛かったっす。

  1 / 27  次のページへ
ページの先頭へ