あれこれブログ

2018.01.15.

爪の黒い縦線

皆さん、こんにちは^^
本日は昨日までと打って変わって、穏やかな日中でした。
歩いていると少し汗ばむくらいでした。
明日も穏やかな天気みたいなので、イルミネーションの片づけでもしましょうか。

さて、本日の話題は「爪の黒い縦線」です。
というのも、本日、同じ症状で3名もの方が受診されたのです。
なんで?と思っていたら、最後の患者さんが「テレビに脅かされたので、、、」とのこと。
昨日の日曜日のとある番組の最後の2分位がこの話題だったようです。
そこで、癌の可能性があるから早急に病院を受診しなさい!なんてことを誰かが言ったのでしょう。

皆さん、落ち着いてくださいね。
基本的には、日本人によくある「黒色線状」と呼ばれる爪の色素沈着です。
黒子(ホクロ)と同じです。爪の黒子だと思ってください。
小児の場合は生後間もなくから出現することが多く、一時的に広がったりすることもありますが、いずれ消失することが多いものです。
大人の場合も、殆どが黒子だと思っていただいて結構です。
但し、その線が広がったり、色が濃くなってきたら、悪性黒色腫(メラノーマ)の始まりのこともあります。
そうなったら、皮膚科を受診して下さい。
そうでなければ、経過観察してください。黒子ですから。

心配で来院されるのは全然かまわないのですが、メディアの恐ろしさを体験しました。
いい加減な医療番組は止めて頂きたいものですね。

2018.01.11.

インフルエンザ発生中

皆さん、こんにちは^^
今季最大級の寒波来襲で、関西も非常に寒いです。
平野区ではありませんが、雹が降った地域もあるようです。
そんな中、当クリニックでもインフルエンザの患者さんが急増しています。

今週に入って、火曜日の午前診、午後診、水曜日の午前診、本日の午前診でなんと7人もの患者さまにインフルエンザが発生しています。
その内訳は、A型4名、B型3名です。
以前にも書きましたが、例年なら今の時期はA型が主流で、高熱で、症状も思い方が多いのです。
そして、2月中旬頃からB型に移行して、熱も症状も軽い方が多くなっていくのです。

しかし、今年のインフルエンザは全く予想がつきません。
症状が軽くてもA型が出たり、39℃の高熱でもB型だったり。

平野区はまだそうではありませんが、大阪府全体では第52週(平成29年12月25日~12月31日)には、定点あたりの患者報告数が10を超え、注意報レベルに入りました。
是非、症状のある方は、早めの受診をお願いします。

2018.01.06.

明けましておめでとうございます

皆さん、新年明けましておめでとうございます。

皆さんは、どのような年末年始を過ごされたのでしょうか?
私は、年末には大風邪をひき、1日半寝ておりました。
その後は回復し、DVD鑑賞三昧の正月でした。
合計10本以上は観たと思います。
天候にも恵まれ、ゆったり気分の正月でした。

さて、村田クリニックも私が院長になって、5年目のスタートとなります。
益々気を引き締めて、地域医療に少しでも貢献できるように頑張っていきたいと思います。
2018年も村田クリニックを宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ