あれこれブログ

2017.08.28

高齢者の脱水

皆さん、こんにちは^^
まだまだ関西は暑い日が続いています。
今年5月から8月20日までに熱中症で救急搬送された人が4万5千人を超えました。
自力で受診した人を入れるとどんな数字になるのでしょうか。
そして、このうちの42.1%が高齢者の方でした。
もっと驚くことは、なんと34.3%の人が居室中(家や事務所)に熱中症にかかっていおるのです。
ということで、今回は高齢者の脱水についてお届けします。

兵庫医科大学、小児科学の教授は、2017年7月に実施した「脱水に関するアンケート調査」の結果を発表しました。

65歳以上の男女の高齢者(n=516)への「食事に含まれる水分以外で、1日にどれくらい水分を補給しているか?」という質問では、1日の必要量(1,000~1,500mL)のうち1,000mL未満と回答した高齢者が61.8%にのぼりました。必要な水分量が摂取できている高齢者はわずか38.1%でした。さらに「食事に含まれる水分以外で、1日に1,000~1,500mLの水分補給が必要だと知っている?」という質問では、「知っている」が52.3%、「知らない」が47.7%と、半数に情報が知られていませんでした。

次に「水分補給を控えたり、拒んだことがあるか?」という質問では、19.8%の高齢者が「水分補給を控えたことがある」と回答。「控えたことがある」と回答した高齢者にその理由を聞いたところ、77.7%が「トイレが心配だから」と回答し、次に25.2%が「喉の渇きを感じていなかったから」という回答でした。

30・40代の介護従事者に「高齢者の水分補給の介助は難しいと思うか?」と質問したところ、90.6%が「難しい」と回答。その理由(複数回答)として、86.7%が「本人に水分補給の意思がない(進んで飲まない)」、次いで多かったのが60.6%の「水分補給を拒否された」でした。
次に「高齢者の水分補給における工夫について」を質問したところ、複数回答で「飲み物にバリエーションを持たせる」(63.8%)、「飲み物にトロミをつける」(56.6%)、「飲み物を固める(ゼリーにする)」(46.5%)、「経口補水ゼリーを勧める」(35.1%)などの工夫が行われていたことがわかりました。また、このうち、ゼリーを勧めたことのある介護従事者331人のうち、85.8%が「ゼリーで高齢者の水分補給の介助に成功した」と回答しました。

まだまだ暑さが続く中で、高齢者には水分補給の重要さの啓発、高齢者の家族には脱水予防への配慮、介護従事者には今後の水分摂取の工夫など、さまざまな活動へのヒントを与えてくれる結果となりました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ