あれこれブログ

2018.04.06

初体験

皆さん、こんにちは^^
日曜日はフェスタですが、何とかお天気は回復しそうです。
やはり、日頃の行いでしょうか^^
ポスター以外にも、いろいろな方が参加される予定なので、最新情報は
平野東ふれあいフェスタ公式facebookでご確認ください。
さて、今回の話題は初体験のお話です。

初体験といえば何となく意味深な言葉に聞こえますが、、、
真面目なお話です。

3月27日頃から左前胸部に3か所、プツッとした(何かに噛まれたような)小水疱で周りが赤くて、痒みを感じていました。その前の週末に公園に行ったので、何か虫にでも噛まれたのかなと思い、それなりの軟膏を塗っていたのです。
通常であれば、2~3日で軽快したり、治癒したりするのですが、なかなか治りません。
おかしいなと思いながらも同様の治療を続けていると、4月2日の風呂上りに見つけてしまったのです。更に背部にかけて同様の赤い湿疹様のものが更に3か所出現しているのを。

私は確定診断を下しました。その診断は、
帯状疱疹
さっそく抗ウイルス薬の内服を開始しました。
更に、4月4日からは、シャツが擦れるとピリピリとした痛みが出現しました。そして、時間がたつとその赤くなった部位に沿った肋間神経に鈍い痛みを感じるようになりました。
またまた確定診断が下りました。
帯状疱疹後神経痛
ということで、リリカという薬も開始しました。帯状疱疹後となっていますが、帯状疱疹が完治する前に痛みを感じたらできるだけ早く内服を開始した方が、痛みが残りにくいと言われているのです。
この帯状疱疹後神経痛は、非常に厄介で、長い方だと1年位長引くこともあるのです。

帯状疱疹は、子供の時にかかった水疱瘡のウイルスが神経節に潜伏しつづけ、大人になってストレスや過労によって免疫力が低下するとムクムクっと起き上がって悪さをするのです。
今回は本当の早期に治療を開始したので、今のところ順調に推移していますが、放置すれば水疱が形成され、皮膚のただれ、夜も眠れないほどの痛みが出現したりするのです。
特に高齢者の方は重症化する可能性があるの、十分注意してください。

以上、私の帯状疱疹の初体験のお話でした。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントありがとうございます。
フェスタも済みましたし、今週末はゆっくりしようと思います。

  • 2018.04.09 11:10
  • 村田クリニック

以前 右上腹部の痛みを訴えて、受診し、各種検査で問題なく、なんだろうと頭を悩ませたけど、不明のまま1週間後に水泡がポツポツでて 帯状疱疹ということがありました
疲れたら出るということが多いのだそうですが、特に元気なときだったので、おもわず内臓のチェックをしておこうかと感じたことがあります
不断お疲れでしょうからくれぐれもご自愛ください

  • 2018.04.09 08:54
  • ライカー

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ