あれこれブログ

2017.12.01

今季初のインフル検出

皆さん、こんにちは^^
今年もあと1か月になりました。師も走る師走です。
今年もあっという間ですね。
さて、今日の話題はインフルエンザについてです。

インフルエンザが全国的に流行期入りしました。11月26日までの1週間で全国の定点医療機関を受診した患者数は7280人で、定点当たり1.47人(速報値)となり、流行開始の目安とされる「1人」を超えたのです。昨シーズンより1週遅れでした。
各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報)を見ると、11月30日時点の集計で、少なくとも17都県が全域で流行期入りしました。
最も患者数が多いのは沖縄県で、定点当たり4.88人でした。愛媛県が3.40人、石川県が3.08人、宮城県が2.78人と続いています。第47週に初めて流行期入りした自治体は関東地区に多く、栃木県が2.55人、千葉県が1.45人、東京都が1.86人、神奈川県も1.86人と増加しました。
しかも、東京都のデータによると、患者の6割近くが9歳以下の子どもとなっています。

ということで、いよいよインフルエンザの季節ですが、当クリニックでも今季初のインフルエンザが昨日検出されました。
16歳の男性で、前夜に39度の発熱と、鼻水、咳、関節痛にて来院されました。
結果としてはインフルエンザA型でした。昨年より13日遅い検出です。

当クリニックでは、インフルエンザ診断に高感度迅速診断検査機器『富士ドライケム IMMUNO AG1』を導入しています。最新の技術で検出感度を飛躍的に向上させ、少ないウイルス量でも検出できるので、発症後4時間から判定が可能です。症状がある場合には、出来るだけ早く受診するようにして下さい。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ