あれこれブログ

2017.09.26

片頭痛と鍼治療

皆さん、こんにちは^^
昨日と本日は30度近くまで気温が上がって、暑いくらいです。
そんな中、平野公園愛護会の皆さまが、この日曜日にフェスタで使用する公園の一部の草刈りをしてくださいました。
暑い中、本当にありがとうございました。
さて、今回の話題は、前回に引き続き「片頭痛」に関してです。

片頭痛は繰り返す頭痛の発作が特徴です。痛みがひどい人では仕事や日常生活もできなくなります。治療にはトリプタン製剤やエルゴタミン製剤、NSAIDsなどさまざまな薬が使われています。しかし、薬の効果にも限界があります。適切な治療をしても長年発作が消えない人もいます。頭痛の治療のひとつとして、鍼治療はよく研究されています。研究班は最新で2016年4月までの範囲を参照して文献データベースを検索し、片頭痛に対する鍼治療の研究報告を集めました。

鍼治療を受けた人と受けなかった人を比較した研究では、鍼治療を受けた人のうち41%で片頭痛の頻度が半分以下になっていました。それに対して鍼治療を受けなかった人は17%で片頭痛の頻度が半分以下になり、鍼治療で短期的に片頭痛の頻度を減らす効果があると見られました。

次に、鍼と薬を比較した研究のデータから、次の結果が得られました。
鍼治療によって、短期的には薬を使うよりも片頭痛の頻度を減らせることが分かりました。副作用にあたる有害な出来事の頻度は、薬を使うよりも鍼治療のほうが少なくなっていました。

鍼治療は実際の医療でもさまざまな場面で使われ、痛みを和らげる役に立っています。効果と副作用のデータがしっかりまとめられていることで、安心して治療を受けるために役立ちます。
但し、鍼治療を受けるときには、
鍼を打つ人によって全然効果が違うので、その先生の評判を確認してからにしましょうね。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ