あれこれブログ

2017.04.27

AIで医者いらず?

皆さん、こんにちは^^
あと少しでゴールデンウィークですね。
5月1,2日を休んで9連休の方もいらっしゃるでしょうね。
何とも羨ましい次第です。
さて、最近、「AI」という言葉を良く耳にするようになりました。
自動運転や音声認識などもAIの恩恵を受けているのですが、医療の世界にもAIが浸透し始めました。

AI人工知能)を使って心筋梗塞や脳卒中などの患者の電子カルテの情報を分析し、発症や再発するリスクをより正確に予測する研究を始めたと、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)が発表しました。

医師がカルテに自由に書き込む患者の具体的な症状は、同じ症状でも「胸痛」「胸が痛い」などと異なる表現があり、自動的に集計するのは難しかったのです。今回日本IBMの協力を得て、言葉の意味や文脈を理解し、データの関連性などを分析できるAI「ワトソン」を活用。患者約1500人分の電子カルテを読み込ませ、自由記述を正確に識別できるようになりました。
試しにワトソンで識別した「胸の痛み」や「呼吸の苦しさ」といった具体的な症状の情報を、既存のリスク評価基準と組み合わせて人間が分析したところ、心筋梗塞や脳卒中が起こる確率の予測精度を10~15%上げることができたのです。
半年後をめどに同じ規模のデータを読み込ませ、識別の正確さを更に検証する予定です。将来的にはAIで自動的により高い精度でのリスク予測を目指しているようです。同センターの安田聡副院長は、「予後の早期の診断や治療に役立てたい」と話しています。
ワトソンを活用した重症化リスク予測は、藤田保健衛生大(愛知県)なども糖尿病患者で取り組んでいます。

といことは、将来的にAIが医療現場を支配して、医者がいなくなるか奴隷のように働く、、、
そんな、映画「ターミネーター」のような時代が来るのかもしれませんね。
まぁ、その頃には、私は死んでると思いますが。。。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ